2016年10月31日

2016年10月の中島公園

2016年10月の纏めは季節の移ろいを感じてもらうため日付順に掲載。1日・2日の土日は鴨々川ノスタルジア関連イベントが日本庭園で開かれた。紅葉の中で中島公園見どころ探訪ツアー、NAKAJIMAキャンドルナイト等のイベントもあった。20日に初積雪。

10月1日 鴨々川ノスタルジア日本庭園会場で「鴨ノス茶会」、野点、昔遊び
161001nodate4-thumbnail2.jpg
庭園内では鴨々川ノスタルジア茶会開催中。八窓庵付設の三分庵でも茶会。

161001kendama.jpg
懐かしい昔の遊びもやっていた。こちらはケンダマ。私も少し遊ばせてもらった。

161001minamimon-thumbnail2.jpg
イベントの日は日本庭園内のハギが満開だった。画像は日本庭園南門付近。

10月2日 菖蒲池で潜っては小魚を獲る鵜(ウ)が現れた
u1610021-thumbnail2.jpg
久しぶりに鵜を見た。もしかして3年振りかも知れない? 以前はよく来たが。 

10月4日 キタラのヤチダモと菖蒲池東岸のナナカマド
161004yatidamo-thumbnail2.jpg
キタラ横のヤチダモも黄緑色に変色しとても綺麗。一方ではガラス拭き作業中。

161004nanakamado2-thumbnail2.jpg
ナナカマドの実が紅く色づいた。ここは菖蒲池東側の林。奥に見えるのは「木下成太郎像」。

10月8日 昼は25階からキタラと豊平館を見る、夜はNAKAJIMAキャンドルナイト
160808kousho6-thumbnail2.jpg
中島公園隣接ホテルより下を見ると菖蒲池、キタラ、豊平館が見えた。

160808nakajimacn5-51e4e-thumbnail2.jpg
NAKAJIMA キャンドルナイトを地下鉄中島公園駅近くで開催。15時〜17時はキャンドルホルダーづくり、17時〜18時に点灯。公園に捨てられた空き缶を使って中島公園に素敵なあかりを灯すイベント。空き缶を捨てるのは止めよう! と言う趣旨のイベント。

161008houheikan.jpg
イベントの帰りに豊平館前を通ると灯りが点いていた。

10月9日 見どころ探訪ツアーと『Bocket』3号の発刊
161009tanbou3-thumbnail2.jpg
中島公園見どころ探訪ツアー、左側にハウチワカエデ舞孔雀、右側奥に木下像が見える。
参考:以下は中島公園見どころ探訪ツアーのチラシよりコピー
2016年10月9日(日)13時〜15時
ガ イ ド:笠 康三郎氏(有)緑花計画 代表
申込締切:2016年10月8日(土)
中島公園の歴史的、文化的、植物的、景観的な様々な資産を見て歩き、百年を超える歴史の積み重ねを実感していただくツアーを開催します。施設、彫刻、樹木をはじめ、普段は気づかないような、あるいはこれまで見落としていた中島公園の見どころを探しませんか。
主催:公園緑化協会 中島公園コンソーシアム(中島公園指定管理者)

160930bocket-thumbnail2.jpg
鴨々川ノスタルジア公式ムック『Bocket3号』に中島公園で初めて見た11羽の子の成長記録について寄稿。タイトルは「オシドリ日記」。去年現れたオシドリ親子についての記事。

10月14日 桜並木は二度楽しめる、春の花と秋の紅葉
161014kouyou8-thumbnail2.jpg
自由広場東側園路のエゾヤマザクラ並木。

10月15日 中島公園上空を飛ぶハトの群れ
161015hato.jpg
人形劇場こぐま座上空を繰り返し回遊するハトの群れ。

10月18日 国指定重要文化財八窓庵とキタラのコンサート
161018teien6-thumbnail2.jpg
国指定重要文化財「八窓庵」。玄関のある立派な方は大正時代に付設された「三分庵」。

161018kitarahe.jpg
コンサート帰りの生徒たち。Kitaraファースト・コンサートとは「札幌市内の全小学6年生(約1万6千人)を対象に、音楽の授業の一環で本格的なオーケストラとパイプオルガンの演奏を鑑賞・体験する札幌市の補助事業として、平成16年にスタートしました。これまでのべ18万人近くの子どもたちがKitaraの大ホールでコンサートを鑑賞しています(キタラ公式ページ抜粋)」。

10月19日 舞孔雀、木下成太郎像、菖蒲池岸の紅葉
161019kouyou5-thumbnail2.jpg
名木ハウチワカエデ「舞孔雀」も色を変えて来た。さらに紅く変わる。

161019kinositazou.jpg
木下成太郎像、約10年前のボランティアによる彫刻清掃をきっかけにこの像は知られるようになった。2010年には札幌パークホテルでシンポジウム「北の彫刻」を開催、木下像が紹介される。2015年には近代美術館でのシンポジウムでも取り上げられる。今年は東京でこの像に関するシンポジウムがあるとの噂を聞いている。個人的には興味津々だ。

161019kouyou2-thumbnail2.jpg
菖蒲池北側デッキから秋景色を楽しむ人も多くなった。

10月21日 20日に初雪で初積雪、21日まで雪が残っていた
161021snow9-thumbnail2.jpg
昨日は初雪、「香りの広場」の端にある彫刻「猫とハーモニカ(山内壮夫)」も雪の中。

161021snow7-thumbnail2.jpg
菖蒲池東岸の遊歩道より西岸を見る。雪と紅葉の対象が美しい。

10月25日 菖蒲池に居着いた鵜、三笠宮さまに命名された「彰徳庵」
u161025b-thumbnail2.jpg
この鵜を初めて見たのは10月2日だった。潜っては魚を獲って暮らして居る。

161025shoutokuan.jpg
中島公園に隣接する札幌護国神社の一隅にあるこの場所は三笠宮さまにより「彰徳(しょうとく)庵」と命名された。三笠宮さまは何よりも平和を愛する歴史学者として知られていた。

10月27日 中島公園は紅葉の真っ盛り
161027teien1-thumbnail2.jpg
日本庭園南門からのアプローチの紅葉も一段と綺麗になった。

161027teien5-thumbnail2.jpg
庭園では冬期に備えて木々に冬囲いも施された。池に浮かぶ落ち葉も増えてきた。

161027kouyou7-thumbnail2.jpg
豊平館前の池と菖蒲池の間に架かる橋。橋にかかる綺麗な紅葉に近づいて撮影。

161027kouyou5-thumbnail2.jpg
モミジを撮って更に北に歩くと四翁表功之碑近くに小道がある。そこで撮影する人は多い。

161027kouyou1-thumbnail2.jpg
札幌コンサートホール・キタラ裏側を流れる鴨々川。情緒ある遊歩道として親しまれている。

10月29日 最後のフリマ、落ち始めたイチョウの葉
161029furima.jpg
今年最後のフリマはお天気に恵まれず寒い中で開かれた。

161029ichou.jpg
札幌コンサートホール・キタラ近くのイチョウ林。

10月30日 地下鉄中島公園駅3番口
161030ichonamiki.jpg
地下鉄中島公園駅近くのイチョウ並木。
posted by H.Ishikawa at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 10月の中島公園

2016年09月30日

2016年9月の中島公園

2016年9月の纏めは季節の移ろいを感じてもらうため日付順に掲載。1日に武蔵野美術大学による木下像内視鏡検査と清掃、22日は文学館まつり、24・25日の夜は文学館で「JAPAN×竹あかり」等のイベントもあった。紅葉もいくらか始まっている。

9月4日 日本庭園のアオサギと9条広場の「森の歌」、そしてムクゲの花
16094aosagi-thumbnail2.jpg
日本庭園でアオサギを見た。

160904mukuge2-thumbnail2.jpg
1958年開催の北海道大博覧会を記念して建立された山内壮夫の「森の歌」。

160904mukuge4-thumbnail2.jpg
「森の歌」横でムクゲの花が咲いていたので花の部分を拡大。

9月7日の印象的な風景は菖蒲池、青空、木下像
160907ajisai-thumbnail2.jpg
菖蒲池岸では幾度も色を変えて枯れて行くアジサイの花。中には枯れない花も。

160907bungensutouhi4-thumbnail2.jpg
札幌コンサートホール・キタラのそばにはブンゲンストウヒが沢山植わっている。

160907kinositazou-thumbnail2.jpg
札幌彫刻美術館友の会の手で念入りに清掃されて綺麗になった「木下成太郎像」。

9月10日 北海道を襲った台風を思い起こされる川と秋の気配の池
160910kammokamogawa-thumbnail2.jpg
滔々と流れる鴨々川。もし豊平川の水門が閉じ忘れられたら? 

160910kouyou3-thumbnail2.jpg
菖蒲池にも秋の気配。ビルは札幌パークホテル。

9月11日 雨上がりの9条広場
160911mizutamari.jpg
雨上がりの9条広場。8月下旬から9月上旬にかけて台風や雨が多かった。

9月12日 中島公園に沢山いるハト、カメ、カモ
160912hato-thumbnail2.jpg
人の居るところには何処でも見られるドバト。野鳥じゃないそうだ。

160912kame-thumbnail2.jpg
こちらは環境を破壊すると言われているミシシッピアカミミガメ。風流にも見えるが……。

160912kamo2-thumbnail2.jpg
菖蒲池にはマガモが沢山居る。向こう岸に見える青い建物はボート乗り場。

9月16日 日本庭園のハギの花と札幌コンサートホール・キタラ広場前のズミの実
160916hagi-thumbnail2.jpg
日本庭園には沢山のハギの木が植わっている。花が咲き出した。

160916zumi-919c5-thumbnail2.jpg
札幌コンサートホール・キタラ前広場のズミが実を付けた。美味しそう?

9月22日 「香りの広場」の北側花壇が花盛り
160922kadan1-thumbnail2.jpg
「香りの広場」の北側花壇は花盛り。説明板も付いているのだ花の名が分かるかも知れない。

160922kadan10-thumbnail2.jpg
地下鉄中島公園駅1番口付近の花壇が並んでいる。

9月24日は文学館で「竹あかり」、そして『Bocket3号』が発刊
160924bocket3.jpg
鴨々川ノスタルジア公式ムック『Bocket3号』が発刊された。私も「オシドリ日記」を寄稿。

160924takeakari.jpg
道立文学館でイベント「JAPAN×竹あかり」。ロピーではコンサート。

9月26日 隣接した護国神社は中島公園の一部のように感じる
160926sitigosan.jpg
札幌護国神社で七五三祝祭。どこが中島公園と護国神社の境界線だろうか?

9月28日 菖蒲池東側の遊歩道を通り「香りの広場」へ散歩
160928boatnoriba.jpg
秋の気配ただよう菖蒲池。

160928moiwayama-thumbnail2.jpg
菖蒲池越しに藻岩山が見える。

160928yuuhodou-thumbnail2.jpg
菖蒲池東側の遊歩道でも所々で紅葉が見られる。

160928fuewofukushoujo-thumbnail2.jpg
白いバラに囲まれた「笛を吹く少女」。

160928hahatokonozou-thumbnail2.jpg
「母と子の像」のバックはギョリュウ、少しだけ花が咲いていた。

160928nekotohamonika-thumbnail2.jpg
手前は「猫とハーモニカ」、その先に「鶴の舞」。以上4体は山内壮夫の作品。

160928minamikadan2-thumbnail2.jpg
「香りの広場」の周りに彫刻と花壇がある。

9月29日 いよいよ秋、日本庭園のアチコチにハギの花
160929nihonteien.jpg
日本庭園の四阿垣根にハギの花が咲いていた。

9月30日 藤棚近くの池で撮ったコイとウグイとマガモ
160930koi1.jpg
藤棚のある園路から撮ったが向こう岸は日本庭園。その池でコイとウグイが泳いでいた。

160930koimagamo.jpg
そしてマガモが泳いだり岸に上がったりしている。ここは小動物が多い。
posted by H.Ishikawa at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 9月の中島公園

2016年08月31日

2016年8月の中島公園

2016年8月の季節の移ろいを感じてもらうため日付順に掲載。豊平川花火大会で始まり、武蔵野美術大学による木下成太郎像調査も9月1日に予定されている。その間、札幌彫刻美術館友の会による「母と子の像」塗装、鴨々川灯籠流し、北海道マラソン等、多彩なイベントが開かれた。

8月2日 中島公園から見る豊平川花火大会
160802hanabi2-thumbnail2.jpg
7月29日予定の豊平川花火大会は天候不良の為8月2日へ順延となった。

160802hanabi1-thumbnail2.jpg
花火大会のに合わせて豊平館もライトアップ。

160802soukyou.jpg
札幌コンサートホール・キタラ広場前の「相響」は毎夜ライトアップしている。この夜は花火も加わり更に美しい夜景となった。菖蒲池西岸、「香りの広場」で見る人も多い。

8月4日 豊平館前のニセアカシアとお屋敷跡に建てられたマンション
160804niseakasia2-thumbnail2.jpg
豊平館前のニセアカシア。

160606niseakasia1-thumbnail2.jpg
こちらは6月6日の撮影だが参考のため掲載したアカシアの花。正確にはニセアカシア。

160804kamokamogawa.jpg
2年前、この川の向こうは個人の邸宅だった。いまは新築マンション。

8月8日 菖蒲池でボートに乗る人、笛を吹く人、工事中のライフォート
160808boatkamo.jpg
池にボート、岸にマガモ。

160808rennshuu.jpg
池辺で密かに楽器の練習をする人。これも中島公園の風景の一つ。お許しあれ。

160808shoubuike.jpg
菖蒲池の背景となっているホテル・ライフォートは工事中。

8月9日 「母と子の像」の塗装、今日もキタラで吹奏楽コンクール
160809hahatokonozou.jpg
「香りの広場」の一隅にたたずむ北海道大博覧会(1958年)の遺品「母と子の像」。

160809choukoku1-thumbnail2.jpg
札幌彫刻美術館友の会がコンクリート彫刻延命のための塗装作業を実施。

160809kannban.jpg
2014年以前は、この看板の後ろに個人の邸宅が建っていたが今はマンション。大切な目印。

160809kinensatuei.jpg
吹奏楽コンクールの日、札幌コンサートホール・キタラ前で記念撮影する参加者。撮影者多数。

160809ogawa.jpg
水と緑の中島公園では各所にこんな風景が見られる。ここはキタラ近くを流れる小川。

8月12日 ネムノキの花が満開
160812nemunoki2-thumbnail2.jpg
「猫とハーモニカ」の後ろにネムノキがある。

160812nemunoki5-thumbnail2.jpg
ネムノキの花はこんな花。沢山咲いてとても華やかだ。

8月13日 鴨々沿い遊歩道の並木剪定
160813sentei.jpg
キタラ、豊平館、日本庭園の裏を流れる鴨々川沿いはヤナギの木もある遊歩道。かってはヤナギ並木だったが今は疎ら。台風では倒れるし剪定も大変なようだ。

8月15日 鴨々川で灯籠流し
160815tourounagasi7-thumbnail2.jpg
札幌護国神社近くの鴨々川で灯籠流し。この日は雨降りだが多くの人が集まった。

8月16日 このオシドリは6月中旬に16羽で現れた子等の1羽?
160816osidori-thumbnail2.jpg
日本庭園にオシドリ。6月中旬に巣立ったとしたら2か月目。16羽で現れた片割れと思う。

8月23日 大雨で豊平川の水量が増す
160823toyohiragawa-thumbnail2.jpg
台風一過の豊平川。激流と言う時期は過ぎたが流れる水は多い。

160823kamo-thumbnail2.jpg
一方、菖蒲池は静かなものだ。岸辺でノンビリと休んでいるマガモが多い。

8月24日 「ミッフィーの楽しいお花畑」を鑑賞
160824bungakukan.jpg
「ミッフィーの楽しいお花畑」を鑑賞した。楽しかった。

8月27日 キッズガーデニング野外彫刻清掃 
160827boat.jpg
左隅はすすきののビル群。右端はレトロなボート乗り場。対照的で面白い。

160827fuewofukushoujo.jpg
この日キッズガーデニング野外彫刻清掃が行われた。子供たちの彫刻清掃。

160827furima.jpg
園路の一部と自由広場でフリーマーケットが開かれた。

8月28日 北海道マラソン
160828marason.jpg
中島公園を背にして幌平橋上を走る北海道マラソンのランナー。藻岩山が見えるがビル群に視界が阻まれている。いずれ山は見えなくなるのだろうか。

8月31日 中旬以降は北海道に多くの台風来襲し大雨が続いた
160831kamokamogawa.jpg
中島公園内を流れる水は豊平川と同じ色。水量は豊平川に設置された創成川取水樋門橋でコントロールされている。大雨でも水量が少ないこともあるし、その逆もある。
posted by H.Ishikawa at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 8月の中島公園

2016年07月30日

2016年7月の中島公園

2016年7月の季節の移ろいを感じてもらうため日付順に掲載。今月の主な出来事としては、こぐま座開館40周年記念イベント、それに13羽の子を連れたオシドリ親子。オシドリについては6月に現れたのだが、体調不良で自宅療養をしていて見ることが出来なかった。

7月3日 地下鉄幌平橋駅付近を散策
160703jitensha-thumbnail2.jpg
地下鉄幌平橋駅前。中島公園の東側は札幌の母なる川、豊平川。

160703asobiba-thumbnail2.jpg
幌平橋駅裏には鴨々川が流れ水遊びができるようになっている。

7月4日 緑のオープンスペースが広がる中島公園
160704kaorinohiroba.jpg
中島公園ほぼ中央の「香りの広場」。ボランティアが花壇に花を咲かせている。

160704midorino.jpg
「緑の広場」、ここには名が付いていないので勝手に命名。ここだけの仮称である。

7月6日 6月に16羽の子を連れたオシドリ親子が現れた?
160706oyako3-thumbnail2.jpg
子供たちが見ているのはオシドリの子どもたち。だいぶ大きくなっている。

160706oyako2-thumbnail2.jpg
陸に上がって来たので数えてみたら13羽の子だった。子供と一緒に見ていたオジサンの話では、3週間前に16羽で現れたそうだ。私は腰痛で寝込んでいたので残念ながら見ていない。去年初めて11羽を連れた親子オシドリが長期滞在した。今年は2例目。これからは中島公園がオシドリの子育て地になるのではないかと期待している。

7月9日 こぐま座40周年記念「かもくま祭」前夜祭
160709uma2-thumbnail2.jpg
こぐま座40周年記念「かもくま祭」の前夜祭。特別プログラム 巨大人形劇「岩見沢人」。

7月10日 10回目はこぐま座40周年記念「かもくま祭」
160710kamokumasai.jpg
「かもくま祭」の午前は雨。札幌彫刻美術館友の会の「彫刻たんけん隊」は中止。

160710show2-thumbnail2.jpg
午後は天気も回復ぎみ。曇り時々雨。イベントは順調に進行した。

160710komokamogawa.jpg
鴨々川も水が満々。

160710dourobasi.jpg
右は中洲3号橋、左は道路橋(仮称)。札幌コンサートホール・キタラへの道路。

160710keiji.jpg
道路に「カラスにご注意下さい!」の看板。

160710gakuajissai.jpg
地下鉄中島公園駅からキタラに向かう園路。藤棚近くにガクアジサイが咲いていた。

160710kamomirunito.jpg
日本庭園の池に向けてカメラを構えている人が並んでいる。例のオシドリ親子が居た。

7月11日 カメの捕獲調査実施中
160711kamechousa.jpg
豊平橋(仮称)から下を見ると何かある。これは何だろう?

160706kamochousa.jpg
こんな説明書きが掲示してあった。北海道にカメは棲息していないのだ。

160711nakasubasi1.jpg
右上は中洲1号橋。市電停留所「行啓通」から中島公園への入口。キタラに近い。

7月12日 文学館で「ミッフィーのたのしいお花畑」
160712bungakukan.jpg
文学館で「ミッフィーのたのしいお花畑」。詳細はこちらのチラシをご覧ください。

7月24日 こぐま座開館40周年記念事業巨大人形劇「ピノキオ」上演
160724koguma7-thumbnail2.jpg
こぐま座開館40周年記念事業、巨大人形劇「ピノキオ」上演。人形だけではない。

160724koguma40.jpg
夜のこぐま座前がファンタジックな巨大人形劇場に様変わり。

160724koguma11-thumbnail2.jpg
40周年記念人形劇「ピノキオ」のフィナーレ。

7月26日 札幌コンサートホール・キタラはPMFのメイン会場
160726pmf.jpg
PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)開催中。

7月30日 白鶴橋下流の鴨々川にアオサギ
160730aosagi.jpg
新築マンションの前を流れる鴨々川にアオサギが来た。

160730aosag2.jpg
近づいたら逃げられた。柵の向こうはマンション。

160730boatnoriba.jpg
曇りだが雨が降っているわけでもない。なぜかヒマそうなボート乗り場。
posted by H.Ishikawa at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 7月の中島公園

2016年07月02日

2016年6月の中島公園

2016年6月の季節の移ろいを感じてもらうため日付順に掲載。5月の下旬が温かかったのか早咲きの花が目立つ6月の初旬。腰痛で「札幌まつり」の写真が撮れなかった。

6月1日 いろいろな花が満開。中島公園花盛りの雰囲気。
160601fujidana.jpg
札幌まつり(14〜16日)にフジが満開になることが多かったが今年はこの通りの早咲きだ。

160601kingusari-thumbnail2.jpg
札幌コンサートホール・キタラ前広場のキングサリ。

160601kishoubu-thumbnail2.jpg
5月下旬が温かったせいかキショウブは早くも満開。

160601yamabousi-thumbnail2.jpg
アメリカヤマボウシの花も咲いた。
6月2日 日本庭園
160602tutuji-thumbnail2.jpg
日本庭園北側の門近くで咲くツツジ。

160602taki1-thumbnail2.jpg
日本庭園の滝。

6月4日 すすきの寺町ガイドツアー
160604teramati8-thumbnail2.jpg
鴨々川ノスタルジア主催の「すすきの寺町ガイドツアー」はテレビでも紹介された。

6月5日 中島公園が一番美しい季節となった。
160605benitoti4-thumbnail2.jpg
緑の広場(中島体育センター前)のベニバナトチノキ。

160605rairakku.jpg
大通公園等でライラックまつり開催。中島公園にも沢山のライラックが咲く。

160605boats.jpg
ボート乗り場、菖蒲池越しに藻岩山が見える。

6月6日 今年も現れた可愛いマガモ親子。
160606oyakogamo.jpg
菖蒲池西岸で休む親子のマガモ。

160606oyakogamo2.jpg
こちらの親子は子がかなり大きくなっている。人間で言えば中高生あたりか。

6月7日 鴨々川ノスタルジア主催で中島公園ガイドツアー。
160607gaidotua.jpg
中島公園ガイド・ツアー、八窓庵について説明するガイドさん(右から3人目)。

160607tour8-thumbnail2.jpg
こちらは中島公園に隣接して建つ渡辺淳一文学館。ガイドさんは文学通らしい。

6月8日 中島公園近くで活動するシニアネットが市電イベント開催
160608siden.jpg
札幌シニアネットの「市電を楽しむツアー」、乗って2周の小さな楽しい旅。

6月10日 水と緑の中島公園が「札幌まつり」一色になる日も近い。
160610kamokamogawa.jpg
やはり水が滔々と流れていると気持ちがいい。中洲1号橋より鴨々川上流を見る。

160610omaturi.jpg
「札幌まつり(14〜16日)」の準備中。迷子センターもある。

6月11日 ボランティアさんが中島公園中に花を咲かせてくれる。
160611kadan.jpg
「香りの広場」の花壇。

6月19日 腰痛で自宅療養中に「札幌まつり」は終わり、豊平館は内覧会
160619maturi1-thumbnail2.jpg
14日より腰痛の為自宅療養。初めての外出だが「札幌まつり」は終わり、撤去作業中。

160619houheikan.jpg
豊平館は明日のリニューアル・オープンを控え内覧会。この為に強行外出?

160619ikebana.jpg
腰は痛いが明日のリニューアル・オープンの為に飾ってある多くの花に癒された。

6月28日 中島公園はいよいよ夏景色となる。
160628kawabenohana-thumbnail2.jpg
川辺の花。札幌コンサートホール・キタラへ行く途中に架かる中洲1号橋近くに咲いていた。

160628shoubuike.jpg
静かな菖蒲池。

160628teien-thumbnail2.jpg
日本庭園では池の周りにツツジがいっぱい咲いていた。




posted by H.Ishikawa at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 6月の中島公園