2017年05月31日

2017年5月の中島公園

2017年5月の纏めは季節の移ろいを感じてもらうため日付順に掲載。

5月1日
170501wedding.jpg
サクラの花の咲く下で記念撮影。

5月2日
170502jitensha.jpg
明日から園芸市、今日は開催準備中。エゾヤマザクラが満開。

5月3日
170503ikeminami.jpg
菖蒲池の南側。

170502taisenura-thumbnail2.jpg
自由広場東側園路のエゾヤマザクラ並木。

170503engeiiti2-thumbnail2.jpg
今日から5月22日までさっぽろ園芸市開催。

170503gyoukeidoori-thumbnail2.jpg
行啓通沿いのエゾヤマザクラ並木も開花。

170503hanami-thumbnail2.jpg
天文台坂下は花見の人達で賑わっていた。

170503kitaraara3-thumbnail2.jpg
Kitara・あ・ら・かると開催。札幌コンサートホール・キタラ前広場には移動販売車。

5月4日
170504botonoriba-thumbnail2.jpg
ボートハウス(大中食堂)が無くなったボート乗り場。

170504ezoyamazakura-thumbnail2.jpg
菖蒲池北側の展望デッキ。ここから見る藻岩山が美しい。

170504someiyosino3-thumbnail2.jpg
ソメイヨシノだが今年の開花状況は好くない。花が少ない。

170504someiyosino-thumbnail2.jpg
文学館への園路は片側がソメイヨシノ並木。反対側のエゾヤマザクラ並木は終わりそう。

170504someiyosino.jpg
沢山の人が花見に来てくれたけれど思うように咲いてくれないソメイヨシノ並木。

5月6日
170506tisimazakura.jpg
綺麗に咲いたチシマザクラ。

5月7日
170507somei3-thumbnail2.jpg
ソメイヨシノ並木の花が少ない。満開にならない内に葉が出て来ている。

170507yuugu-thumbnail2.jpg
今春に更新されたピカピカの遊具。

170507tisima2-thumbnail2.jpg
藤棚近くのチシマザクラは満開。

5月8日
170508kadan.jpg
地下鉄幌平橋駅前の花壇。

5月9日
170509sidare2-thumbnail2.jpg
日本庭園のシダレヤナギも花が少ない。満開しない内に葉が出ている。

170509sidare-thumbnail2.jpg
一方、藤棚近くのシダレザクラは満開。

170509yae1-thumbnail2.jpg
地下鉄中島公園駅前の道路に沿ったヤヱザクラ並木が咲いた。

5月10日
170510horohirabasiekimae-thumbnail2.jpg
地下鉄幌平橋駅前の花壇ではチューリップが満開

5月11日
170511airg.jpg
AIR-G FM北海道のスタジオで中島公園について話した。本日収録、5月19日10時30分ころに放送。番組は高山秀毅さんと中嶋あゆみさんのRep.ly.ze(リプライズ)、NEWS+スポーツ+北海道がキーワードで、7時30分〜12時55分にわたる充実した番組。

5月12日
170512kogumaza-thumbnail2.jpg
人形劇場こぐま座の左側に藻岩山が見える。

5月13日
170513huuhodou.jpg
左から遊歩道、鴨々川、札幌コンサートホール・キタラ。

5月14日
170514tagajinja-thumbnail2.jpg
札幌護国神社社務所前のヤヱザクラ。

5月16日
170516yaezakura.jpg
菖蒲池東側の林にもヤヱザクラが咲いている。

5月17日
170517nirinsou-thumbnail2.jpg
日本庭園のニリンソウ。

170517tutuji.jpg
豊平館広場前のツツジ。池の向こうに天文台のドームが見える。

5月18日
170518moiwayama.jpg
菖蒲池北側のデッキは中島公園の景観スポット。

5月19日
170519churipu-thumbnail2.jpg
地下鉄中島公園駅近くの花壇でもチューリップが満開

170519fuewofukushoujo-thumbnail2.jpg
山内壮夫の作品「笛を吹く少女」。設置されて60年以上なのに美しさを保っている。

170519kadann.jpg
「香りの広場」の花壇も人気。

5月20日
170520oyako5-thumbnail2.jpg
親子鴨(マガモ)の周りには小魚がウジャウジャ

170520oyakokamogejun-thumbnail2.jpg
私が今年になって初めて見た親子鴨

170520nobiyukukora.jpg
何かのイベントか、走る人が多い日だった。今日は土曜日。

5月21日
170521wedding.jpg
ヤヱザクラ咲く天文台坂下で記念写真撮影。

5月22日
170522kadan.jpg
豊平館前の花壇は綺麗な花が横に広がっている。

5月23日
170523teien.jpg
日本庭園に親子鴨(マガモ)。

5月26日
170526kingusari2-thumbnail2.jpg
札幌コンサートホール・キタラ前広場のキングサリの花が咲いた。

5月29日
170529botonoriba-thumbnail2.jpg
サクラも終わりボート乗り場の周囲も緑一色となる。

170529fujidana-thumbnail2.jpg
中島公園で一番立派な藤棚のフジが咲いた。まだまだ伸びる。下がると言うべきか。

5月31日
170531ichonamiki.jpg
大正時代に植栽されたイチョウ並木。
posted by H.Ishikawa at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 5月の中島公園

2016年05月31日

2016年5月の中島公園

2016年5月の季節の移ろいを感じてもらうため日付順に掲載。ゴールデンウィークで始まり、サクラは満開、園芸市開催、今年は親子鴨が早くも訪れてくれた。花もいっぱい咲いている。

5月1日 オシドリが居て桜が満開
160501osidori.jpg
4月23日にオシドリの番が二組居たが、その後一組が公園内に残ったようだ?

160501sakura4-thumbnail2.jpg
菖蒲池周辺もサクラ色に染まっている。池越しに藻岩山が見える。

160501sakura5-thumbnail2.jpg
サクラはこちら側でも満開。

5月3日  園芸市始まる、連休半ばで花見の人や子供たちで賑わう
160503engeiiti.jpg
自由広場で第64回さっぽろ園芸市開催。5月22日まで続く。

160503hana11-thumbnail2.jpg
こぐま座前の遊戯広場ではレンギョウが花盛り。

160503hana12-thumbnail2.jpg
日本庭園の一角では野の花が次々と開花。今はカタクリ。

160503hanami.jpg
豊平館の見える天文台坂下の広場で花見をする人たち。

160503hayasi.jpg
この時期は何処に行っても桜が咲いている。ここは「香りの広場」と文学館に近い林。

160503koinobori.jpg
札幌コンサートホール・キタラ広場前に鯉のぼり。それにしても風が強い。

160503tibikko.jpg
地下鉄直結のあそび場。中島公園駅3番口から出れば直ぐ近くに子供のあそび場がある。

5月5日 シダレザクラ・ソメイヨシノが満開
160505sakura10-thumbnail2.jpg
日本庭園のシダレザクラ。

160505sakura13-thumbnail2.jpg
あの有名な鹿鳴館より古い豊平館。この周辺も桜の名所。6月21日より一般公開。

5月8日 文学館特別展、ラジオ「山鼻、あしたもいい天気!」10周年祝賀会
160508bungakukan.jpg
北海道立文学館では特別展「青春の記憶 夢みる力-佐藤泰志の場所(トポス)」開催中。

160508jikoshoukai-thumbnail2.jpg
市電ループ化で注目を集める中島公園周辺地域。市電活用について積極的に報道してきたラジオ番組「山鼻、あしたもいい天気!」が市電に乗って10周年祝賀会。

160508kinensatuei.jpg
藤棚近くのシダレザクラの近くで記念撮影。

5月9日 オシドリの番
160509osidori.jpg
又、オシドリ夫婦がやってきた。

5月10日 花咲く中島公園
160510hana5-thumbnail2.jpg
地下鉄幌平橋駅前広場ではチューリップが満開。ムスカリとのコンビネーションがいい。

5月17日 ヤヱザクラ満開。桜の季節も終わりに近づく
160517sakuranamiki-thumbnail2.jpg
市電「中島公園通」停留所から中島公園への道はヤヱザクラ並木。徒歩2,3分。

160517tagajinja-thumbnail2.jpg
札幌護国神社に隣接する多賀神社。両神社とも中島公園に隣接して境界を感じない。

5月18日 親子鴨が早目の登場
160518oyako5-thumbnail2.jpg
私が今年初めて見た親子鴨(マガモ)。子が7羽。最近現れるのが早くなっている。

5月 22日 ボート、イチョウ並木、ライラック
160522boats-thumbnail2.jpg
菖蒲池にボートが浮ぶ日曜日。最近は平日のボートは少ない。

160522ichonamiki-thumbnail2.jpg
大正時代に植えられたイチョウ並木は未だ健在。工事の為2回も移植されたが。

160522rairakku.jpg
大通・川下公園ではライラックまつり開催中。中島公園でも至る所にライラックが咲く。

5月25日 白いフジが咲いていた
160525fuji.jpg
藤棚の一部を撮る。白いのもいいものだ。向こう岸は日本庭園。

5月26日 フジ、キングサリ、キショウブ
160526fujidana.jpg
地下鉄中島公園駅を降りてコンサートに行く時はこの藤棚の下を通る。

160526kingusari.jpg
札幌コンサートホール・キタラ前広場に咲くキングサリ。

160526kishoubu.jpg
私が見た二組目の親子(マガモ)は子1羽だった。菖蒲池にキショウブが咲き始めた。

5月28日 鴨々川の水量が増える、札幌まつり準備中
160528kamokamogawa.jpg
鴨々川の水が勢いよく流れるようになった。豊平川の水門で調節したのだと思う。

160528obakeyasiki.jpg
札幌まつりは6月14日からだが自由広場では、もうお化け屋敷が建っている。

5月30日 鴨々川水遊び場
160530kamokamogawaasobiba.jpg
地下鉄幌平橋駅裏の鴨々川水遊び場。簡単な遊具もある。

5月31日 菖蒲池のキショウブ 
160531kishoubu.jpg
中島公園の至る水辺にキショウブが咲いている。ここは菖蒲池南西岸。
posted by H.Ishikawa at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 5月の中島公園

2015年05月28日

2015年5月の中島公園

2015年5月の中島公園 日付順

ブログは原則として降順表示だが、月別中島公園については季節の移ろいを感じてもらうため日付順とした。

2015年5月1日撮影

5月5日の「お花見交流会」で桜が開花していない年もあったが、今年の開花宣言は4月22日。早くも散ってしまった花も多い。こう葉桜が多いと春を飛び越して夏が来たような感じがする。各地でいろいろ番狂わせがあったことと思うが中島公園も例外ではない。

150501sidarezakura2.jpg
細長い池を挟んで日本庭園の対岸にあるシダレザクラ。今は満開、一番勢いよく咲いている。

150501osidori.jpg
正真正銘のオシドリ夫婦。写真は撮れなかったが池で仲良くしている現場を目撃した。こんなものではない。

150501mayday.jpg
今日は5月1日は労働者の祭典。メーデー集会は毎年自由広場で開かれ札幌市街に向

2015年5月2日撮影
150502fujidana.jpg
シダレサクラは満開だが藤棚のフジは開花していない。

第63回さっぽろ園芸市 2015年5月3日(日)〜22日(金)

バラ、樹木、宿根草、一年草、園芸用品販売(約10社)。5月16日9時〜、先着500人にブルーベリー苗木プレゼント。5月18日「多肉植物の寄せ植え実習」、19日は「山野草・盆栽寄せ植え実習」、20日は「バラづくりQ&A」の講習会(13:30〜、定員各20人、要申し込み、実習のみ材料費1000円)。

2015年5月3日 園芸市初

150503hana.jpg
天候もよく順調なスタートとなった「さっぽろ園芸市」。

150503kamomizu.jpg
地下鉄幌平橋駅近くの鴨々川水遊び場。 5月3日撮影

2015年5月5日撮影

エゾヤマザクラやソメイヨシノに代わってヤヱザクラが満開となった。よく見られるのは札幌パークホテル、天文台坂下、護国神社、公園橋から市電電停「中島公園通」までの道路等だがその他、公園のあちらこちらに散見される。
150505park3.jpg
ヤヱザクラを札幌パークホテル11階より撮影。

150505kitara.jpg
画像左上は札幌コンサートホール・キタラ。パークホテル11階から見た菖蒲池。

150505nadaman.jpg
菖蒲池中央西岸、画像右上は国指定重要文化財豊平館。その他、藤棚と四翁表功之碑が見える。

150505kamome.jpg
菖蒲池東岸の遊歩道。画像中央上にオオセグロカモメ。

150505denteif.jpg
公園橋と市電電停「中島公園通」の間はヤヱザクラ並木になっている。

コンサートホール・キタラ改修工事見学ツアー
2015年5月5日、札幌コンサートホール・キタラ改修工事見学ツアーに参加した。キタラは2月16日から6月16日まで大規模な音響設備工事が行われている。今回の工事は開館当初に設置し、劣化してきた設備や機器の更新を中心とした改修工事とのことだった。この工事中のキタラを見学した。

150505kitara2.jpg
キタラ・スタッフの他、工事関係者の説明も受けた。馴染みのある大ホールだが、工事中はいつもと違う。音響反射板や照明器具を吊り下げている吊物機構がだいぶ下がっているように見えた。吊物機構の上を見る機会はもう無いだろう。

150505boat.jpg
菖蒲池にはボートが浮かぶ、のどかな風景。

150505new.jpg
遊戯広場に子供用の汽車型遊具が設置された。

2015年5月7日撮影
今年の春は早かった。5月上旬の動物の活動や花の咲き具合を見て歩いた。

150507aosagi2.jpg
菖蒲池北側の中島にアオサギが居た。ゆっくり撮ろうと思っていたら飛んで行ってしまった。

150507inko.jpg
日本庭園にセキセイインコがいた。下の小鳥はヒヨドリかな? 

 
150507yaezakura.jpg
豊平館前の池、ヤヱザクラは満開だが池の清掃も行われている。

2015年5月8日撮影
150508churip.jpg
地下鉄幌平橋駅前広場には満開のチューリップ。 

150508churip2.jpg
同じ場所のチューリップ。中島公園は花いっぱいの季節を迎えた。

2015年5月9日撮影
150509arukoukai.jpg
私が所属している札幌シニアネットの「歩こう会」例会。今月は中島公園出発で精進川と天神山付近を散策。

2015年05月12日撮影
国指定重要文化財「豊平館」は2012年4月から4年がかりの改修工事に入っている。今年は工事の最終年度、新しい豊平館の姿が徐々に見られる年となった。 今までの経過はこちら → 豊平館(休館中) 札幌 国指定重要文化財
150512houhei5.jpg
豊平館の裏を見ると大工事が始まったばかりのようだ。別棟を建てているのである。

2015年05月16日撮影
ライラックは1960年に札幌の木にも選ばれ、市内のどこでも見かける市民に親しまれる木。もちろん中島公園の至る所で咲いている。 家ごとにリラの花咲き札幌の人は楽しく生きてあるらし(吉井勇)
150516rairakku3.jpg
菖蒲池西岸の北側。対岸にボート乗り場が見える。

2015年05月22日撮影
5月22日は札幌では春なのに、中島公園は初夏の様に温かく夏のような風景だった。

150522kamokamogawa.jpg
緑濃く水は満々、まるで夏のような風景だ。白鶴橋より中洲橋へと流れる鴨々川。

150522fujidana.jpg
例年は6月に満開となるフジも咲き始めている。5月中に満開になる気配。キタラへ行く園路の藤棚。

150522koi.jpg
日本庭園の池。水面に雲が映っている。

150522hassouan.jpg
日本庭園内にある国指定重要文化財「八窓庵」も緑に包まれている。ここは江戸時代の茶室。

150522engeiiti.jpg
今日は5月3日から開かれた「さっぽろ園芸市」の最終日。歌謡ショーが行われていた。

2015年05月25日撮影
キショウブがあちらこちらで咲き始めた。アメリカヤマボウシ、キングサリも綺麗に咲いた。

150525kishou5.jpg
藤棚のある園路の両側に池がある。。向こうは日本庭園。細長い川のような池端に咲くキショウブ。

15052amrkyamabousi.jpg
豊平館前のアメリカヤマボウシ、別名ハナミズキ。

150525kingusari.jpg
札幌コンサートホール・キタラ前広場のキングサリは今が満開。
posted by H.Ishikawa at 09:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 5月の中島公園

2014年05月31日

2014年5月の中島公園

主として風景、イベント、風物詩等を日付順に掲載。全ての画像に撮影日明記。


 カラスを撃退した母カモ。

2014年5月1日 桜咲く中でのメーデー


毎年恒例のメーデー。随分長く続いている。私も若いときに参加したこともある。
40年以上前のことである。雰囲気がほとんど変わらないから不思議だ。


左はメーデー会場の自由広場、右は中島体育センター。
この園路のエゾヤマザクラは開花が早い。5月1日だが満開となっている。

2014年5月2日 シダレザクラが早くも開花


日本庭園のシダレザクラの開花も早かった。本来はエドヒガンの枝垂れるものを指すそうだ。
この木はまだ小さいが中島公園で一番人気のある桜だ。

2014年5月4日 桜がタップリ咲いて盛り上がるイベント


連休中のボート乗り場は活気がある。ボートから観る桜も味なもの。
菖蒲池と名付けられたこの池は以外に浅いが油断は禁物。常にそうとは限らない。


自由広場は恒例の園芸市(5月3日〜22日)。今年は桜が満開の中での開催となる。
園芸市が終わると直ぐに「札幌まつり」の準備に入る。


パークホテルから文学館へ行く園路の両側で綺麗に咲いたソメイヨシノ。
中島公園ではここが一番見栄えのする桜並木のある園路と思う。


桜咲き天気も好く絶好の花見日和。文学館側の芝生の広場。
背景にあるビルは、この界隈で一番背の高いマンション。以前のここは中島球場。


大型連休は恒例のKitara・あ・ら・かると。キタラ主催する楽しいイベント。

2014年5月6日 藤棚近くのシダレザクラ


日本庭園のシダレザクラに少し遅れて藤棚近くのシダレザクラも開花。ここには中島公園で一番大きい藤棚がある。
左に見えるのは日本庭園の藤棚。

2014年5月8日 次から次に花が咲く


すすきの側のイチョウ並木の合い間に新しく出来た花壇の花が次々に咲く。


今年のヤエザクラの開花は実に早い。札幌パークホテル入口。

2014年5月10日 レンギョウとチューリップ


池岸にレンギョウ。落ち着いたたたずまいの菖蒲池。遠くにボートが浮かぶのが見える。
菖蒲池は水と緑の中島公園の中心に143年前からある。


「香の広場」の花壇にチューリップが咲いた。かってここには百花園があった。

2014年5月13日 護国神社のヤエザクラが満開


札幌護国神社は桜が多い。その最後に咲くのがヤエザクラ。

2014年5月14日 桜の下でウェディング記念写真


5月中旬になりアチコチで咲くヤエザクラ。ここは天文台坂下。

2014年5月18日 桜の終わりはヤエザクラ


行啓通から札幌コンサートホール・キタラへ行く園路。曲線の多い中島公園で、何故かここだけが直線。
明治時代にあった馬場(競馬場)の名残り。

2014年5月23日 中島公園に親子鴨初登場?


10羽の子を連れた母鴨(マガモ)。今年初めて見た親子鴨。多分これが中島公園では初めての登場と思う。
例年よりかなり早い出現だ。

2014年5月27日 夜のキタラ・タクシー乗り場


たまには夜景もと思い、オートで撮ったらこんな感じで、それなりの夜景。

2014年5月28日 桜が終わり次の花が咲く


人形劇場こくま座前のツツジが綺麗に咲いていた。1976年の開館。


キタラに向かう園路のフジが咲き始めた。フジも例年より早い開花。


珍しいキタラ広場のキングサリ。ホンモノの金の鎖のような花。


お祭りまで18日もあるが、自由広場では小屋が建ち始めている。

2014年5月31日 いろいろあった豊平館前の池


豊平館前の池。向こうが白く見えるのはポプラの綿。


その池には10羽の子を連れた母カモが居た。



中島公園の出来事・風物詩

5月のイベント、風物詩などを紹介。

2014年5月1日 メーデーと庭球場 


バンド演奏もある明るいメーデー。


テニスコートはオープンの準備中。

2014年5月2日 早くも桜満開の気配


園芸市は明日オープン。ただ今準備中。


左ソメイヨシノ、右側はエゾヤマザクラ。


工事中の豊平館前。


毎年早く咲くキタラ裏の桜。


パークホテルへの園路は桜並木。


日本庭園のシダレザクラが開花。


体育センター裏のエゾヤマザクラは満開。


文学館側で花見する人々。


「母と子の像」を見る母と子。

2014年5月4日 楽しい中島公園 


菖蒲池でボートを楽しむ人々。


自由広場では園芸市開催中。


キタラでは「Kitara・あ・ら・かると」開催中。

2014年5月6日 マンション建設予定地


近いうちにここにビルが建つ予定。

2014年5月8日 散る桜


桜散る。地面いっぱいに落ちる花びら。


園路上にも散った桜が。スケボーでGo!


水面に浮かぶ桜の花びら。


入口のイチョウ並木付近で工事中。

2014年5月10日 まだ花見する人


何とかヤエザクラが咲いている天文台下。

2014年5月11日の中島公園


池辺で遊ぶこども達。


公園入口に園芸市開催中の看板。


「ボランティア清掃専用ごみ袋」と解読。

2014年5月13日 地下鉄幌平橋駅


ここでもヤエザクラが満開。

2014年5月14日 カフェセゾン再開


ノボテル1階のカフェセゾン再開。


記念撮影を背後よりそっと一枚。

2014年5月18日 アチコチにツツジ


日本庭園


菖蒲池


工事中の豊平館。


豊平館前の池辺。

2014年5月23日 札幌まつり準備中


自由広場に小屋が建ち始まる。


露店の設置場所抽選会に集う人々。


護国神社は臨時の駐車場所となる。

2014年5月27日

2014年5月31日 豊平館前の池


親子鴨を見守る人たち。


ここも池。鴨が水中のエサを食べている。

posted by H.Ishikawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 5月の中島公園

2013年05月31日

2013年5月の中島公園

全ての画像に撮影日明記。

2013年5月2日 21年ぶりの降雪を観測

札幌管区気象台は5月としては21年ぶりの降雪を観測した。
中島公園で一番に咲くのはエゾヤマザクラ。
標本木をソメイヨシノとする気象台の開花予想より早く咲く。
今まで中島公園独自の開花予想をしていたが今年は断念。

独自予想の目的は連休中の何時咲くかの予測だから、その期間に咲かなければ意味が無い。
2日になっても咲く気配が全く見えない。こんなことは「中島パフェ」開設いらい始めてである。


まるで冬のような豊平館前の池。真ん中の木はシダレウンリュウヤナギ。

2013年5月4日 Kitaraあ・ら・かると & クロッカス


5月3日〜5日のKitaraあ・ら・かるとはゴールデンウィークの音楽祭!


雪が融けると一番に咲くのがクロッカス。花の季節の一番バッター。


今日は雨模様。開いていないクロッカスが大好きだ。

2013年5月5日 初春は園芸市 3日〜22日の開催

寒い中島公園だった。この日に至るまでに桜が咲かないのは異常だ。
中島公園に限ればこの11年、5月5日までには必ず開花した。


園芸市は5月3日〜22日。いつもなら外側の桜も咲いているころだ。

2013年5月7日 明治の中島競馬場・平成のキタラ


中島競馬場(1887年〜1907年)、歴史の足跡はここに残されている。
中島公園内の園路はほとんどが曲線。ここだけは競馬場馬場の直線コースが残されている。
行啓通よりキタラ近くまで300m弱が明治時代のまま直線で残っている。
中島競馬場の詳細はこちらをクリック→明治時代の中島競馬場


「国際都市札幌にふさわしい音楽の殿堂を、という声に応え」建設された札幌コンサートホール・キタラ。

内部はもちろん周りの雰囲気も素晴らしい。

キタラの北側から天文台、池をまわって豊平館、そして日本庭園へと続く道は芸術と歴史の散歩道といえる。


キタラ広場の東側を流れる小川は鴨々川から菖蒲池に流れる。


雲が綺麗に見える日だった。菖蒲池上を飛ぶマガモ2羽。

2013年5月8日 春を呼ぶキタコブシとフキノトウ

久しぶりに見る青い空。待ちに待った春、後は桜が咲くのを待つばかり。


中島体育センター前広場にはキタコブシが沢山植えてある。


近づいて撮るとこんな感じ。桜はまだだがそろそろだろうか。


キタラ裏を流れる鴨々川。河川敷には春を呼ぶフキノトウが咲く。

2013年5月9日 白いツツジが綺麗に咲いた


白いツツジが咲いた。彫刻は子供達の成長を願う「のびゆく子等」

2013年5月10日 一足早く中島公園で桜開花


僅かだが中島公園で開花確認。咲いてる木に近づいて撮った。


この写真からはっきりとは見えないが、この辺りで桜が開花。


園芸市(3日〜22日)の多肉植物売り場。サボテン等が沢山ある。

2013年5月12日 花の季節に入った中島公園


菖蒲池東側の林にクリスマスローズがひっそりと咲いていた。


香の広場「笛を吹く少女」付近のツツジが美しい。


日本庭園の滝近くのツツジはアカヤシオという名らしい。

2013年5月13日 札幌管区気象台で桜開花宣言

1953年気象台が統計を開始してから2番目に遅い開花。
一番目は1980年5月14日だから私にとっては一番遅い開花。因みにそのとき私は仙台方面に住んでいた。
桜が咲くには気温14~15度が必要。今年は寒すぎた。


藤棚近くのチシマザクラも開花した。池の向こう側は日本庭園。

2013年5月16日 桜満開の園芸市で苗木プレゼント


園芸市で9時からブルーベリーの苗木200本を先着でプレゼント。

ギリシャ神話の牧神パンと音楽神アポロン


この日は創造学園豊平塾の「中島公園そぞろ歩き」の日。
桜咲く中島公園を彫刻の説明を聞きながら鑑賞する。そして参加者も彫刻清掃の一端に触れる。
そのような趣旨のイベントに65名が参加した。主催は札幌彫刻美術館友の会。 
画像は山之内壮夫の「森の歌」の前で説明を聞く豊平塾の方々。


説明によると左の男の子が吹いているのは世界最古の管楽器といわれるパンフルート。
実は香の広場にある「猫とハーモニカ」も本当はギリシャ神話にある牧神パンのパンフルートでないかといわれている。
実際に見て比べてみると形が同じであることが分かる。

真ん中の女の子が弾いている楽器はギリシャ神話の音楽神アポロンの楽器「キターラ」。
コンサートホール・キタラは「キターラ」と「北」の意味が込められている。
このような解説がKitaraパンフレットに書いてある。

2013年5月19日 満開の公園で散歩・花見する人


好天の日曜日、桜咲く文学館前の園路を散歩する人たち。


桜も満開、公園のアチコチで花見をする人の姿が見える。

2013年5月22日 園芸市最終日


マスコットの役目を果たしたクマちゃん人形に花束贈呈か?

2013年5月24日 北側の橋から菖蒲池を観る


写真が上手く撮れていないが、この時期のこの場所が最高。

2013年5月25日 花が次々と咲いて来た


藤棚近くの枝垂桜が満開。池の向こう側は日本庭園。


咲いた さいた チューリップの花が並んだ ならんだ赤・白・黄色♪


地下鉄中島公園駅に隣接する札幌パークホテルの八重桜。

2013年5月26日 好天に恵まれた日曜日


日曜で天気が好ければ言うことなし。子供たちは楽しく遊ぶ。


香りの広場では芝生が青々として周りの花はいっせいに咲く。


香の広場には4体の彫刻がある。
「猫とハーモニカ」「鶴の舞」「笛を吹く少女」、そして画像の「母と子の像」。いずれも山内壮夫の作品。

2013年5月28日 今年の桜は6月にも咲いていそう


鴨々川沿いの桜。左側が白鶴橋、右側は中州3号橋。


桜のトンネルを通り抜けると菖蒲池。ここは東側の林。

2013年5月30日 中島公園菖蒲池


ようやく来た春だが、もう直ぐ夏がやってくるだろう。



中島公園の出来事・風物詩

5月のイベント、風物詩などを紹介。

2013年5月2日 園芸市前日 


第61回さっぽろ園芸市の立て看板。


翌日のオープンに備えて準備中。
詳細はこちら → 5月3日園芸市開始


今年で宮沢賢治没後80年。東日本大震災以来、作品を再び見直す動きが広がる。

2013年5月4日 大型連休のイベント 


5月3日〜5日はKitaraあ・ら・かると


キタラの近くに飲食用の移動販売車。


竹筒の様な物はキツネ撃退用らしい。キツネ問題はこちら→中島公園のキツネ


日本庭園には福寿草、エゾエンゴサク、カタクリ、二輪草等が咲いている。


園芸市の二日目。
花木の他に肥料、培養土、園芸用品もあり、植木屋さんとの交流の場にもなっている。

2013年5月5日 花とイベント 


まだ雪が残っている札幌護国神社。


護国神社「多賀殿」でお花見交流会。開花はまだだが、ステージには華がある。


キタラ裏の鴨々川辺にフキノトウ。


豊平館フェンスを背景にツツジ。


何故か? ここだけに咲いた桜。

2013年5月7日 ようやく開花の兆し


やっと蕾が膨らみ始めた桜。


換気口から来る熱で咲いたのか?


白い花と彫刻「のびゆく子等」の像。

2013年5月8日 林の中に可憐な花


菖蒲池東側の林にクリスマスローズ。


カタクリも。

2013年5月10日 中島公園で桜開花


←中島で桜開花。左に大きな画像。

2013年5月12日 


キタラの裏側で桜開花。


一足お先に花見する人達。文学館側。


日曜の「香の広場」は賑わっている。


開花待つ花曇かな菖蒲池

2013年5月13日 札幌で開花宣言 


詳細は → 中島公園桜開花情報


中島公園のアチコチで桜開花。

2013年5月16日 苗木と彫刻めぐり


開催中の園芸市で9時からブルーベリーの苗木200本を先着でプレゼント。


創造学園豊平塾の「中島公園そぞろ歩き」では「木下成太郎像」の清掃も…。

2013年5月17日 行啓通桜並木


地下鉄幌平橋近くの桜も満開。

2013年5月19日 賑わう中島公園


豊平館前の池近くで花見を楽しむ。


飲食コーナーも賑わう園芸市。


駐輪禁止所は自転車で混みあう。


チューリップが咲き誇る北ゲート。

2013年5月20日 文学館で紙芝居 


期間:5月25日(土)〜7月7日(日)

2013年5月23日 祭り準備始まる


「札幌まつり」の準備は露店出店場所の抽選会から始まる。
各地の露天商が抽選に参加。
管理事務所前で開催されるのだが、参加者は多く、行啓通歩道まで溢れてしまうほどである。

2013年5月25日 カラスに注意! 


一般に子育て中のカラスは人を攻撃すると言われているが、その傾向が強いのはハシブトカラス。
この巣に居るのは攻撃する可能性が低いハシボソカラス。
「大人しいカラスだから巣をそっと見守りましょう」と呼びかけている。
両カラスの違い→中島公園のカラス


上はカラスに関する一般的注意事項。子育て中のカラスに注意しよう。
但し、ハシボソカラスはハシブトカラスに比べて大人しい。そっと見守ろう。


カラスの巣は菖蒲池北側、売店Midori(花月)の近くにある。


札幌パークホテルの八重桜並木。

2013年5月26日 花と緑に青空 


春咲く花と言えばチューリップ。

2013年5月28日 鴨々川清掃運動


6月2日は鴨々川・彫刻清掃の日、誰でも参加できるので気軽に参加しよう!


すっかり春になり緑が濃くなった中島公園。
菖蒲池東側の林から香の広場を見ると遥か彼方に藻岩山がそびえている。


チューリップの向こうにユキヤナギが咲いている。
中島公園が一番キレイに見えるのが、春と秋。
その春だがだんだん短くなるような気がする。冬と夏の間に僅かな春。


札幌コンサートホール・キタラの中庭が開放。吹き抜けの青天井も開放的。

2013年5月30日 一夜で変わる川の色


中島公園に行ってみると川の色が変わっていた。
泥を多く含んだような色だ。温かくなって大量の雪が融けたのだと思うがどうだろうか。
つまり雪融け水?


豊平川の支流である鴨々川は白鶴橋の下を流れ中州橋に向かう。


そして中洲橋の下を流れ中島公園の外に出て行く。
ホタル橋、公園橋、中島橋の下を流れ再び中島公園に入り、水天宮橋を過ぎて中島公園の外にでる。

そして、薄野を流れ豊水を流れ、創成川と名を変え札幌市街地の中心を流れ、遥か遠くの茨戸川に流れ込む。 

豊平川からもらった川の色は何処まで続くのだろかと考えていたら、こんなに長くなってしまった。
なが〜い鴨々川とのお付き合い。


緑の中に緑頭のマガモ(雄)が2羽。

中島公園2013年の編集を終わって

今回も写真が多くなってしまった。「そんなに沢山並べても見たくないよ。
もっと内容をしぼれ」と言う声が聞こえるような気がする。

芝生や木々が緑に色づき、花が咲くと中島公園が眠りから覚めたような気がする。
私も目覚め散歩する。偶然珍しいものに出会うかも知れないと思いデジカメを持って行く。

歩き始めるとアレが綺麗、これも可愛いと感じ、つい撮ってしまう。来月こそ内容をしぼろうと思う。

それには踏み出しが肝心だ。途中の方針変更はなかなか難しい。
毎月そう思っているが容量は増えるばかりだ。根本的に考え直す必要がありそうだ。

タグ:気象
posted by H.Ishikawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 5月の中島公園

2012年05月31日

2012年5月の中島公園

中島公園5月の風景

大型連休で始まる5月は桜開花等、花咲く季節。園芸市など各種イベントの始まり。中島公園が賑う季節の到来。26日珍客飛来、アカエリヒレアシシギ群。

2012年5月1日 桜開花とメーデー大会


当初の開花予定は5月5日。 1日、いきなりの開花宣言に戸惑う。


なかなか咲かないと思われていたのにパッと咲いて、散るのも早かった。


毎年、中島公園と大通公園で開かれるメーデー大会。ここは自由広場、

2012年5月3日 桜咲き誇る中島公園で園芸市開始


菖蒲池辺には桜、レンギョウ、ツツジが咲く。一斉に咲く5月は華やか。


右側は今日から園芸市が始まる自由広場、体育センタの裏に当たる園路。
桜並木のさきがけ、体育センター裏通り。 今年も元気よく咲いている。


第60回さっぽろ園芸市。5月3日〜22日の開催。画像はオープン直前の朝。

2012年5月5日 雨のち曇り 雨に咲く花ソメイヨシノ


雨に咲く花。 中島公園で一番豪華なソメイヨシノ並木とパークホテル。


雨で人が訪れない公園を散歩するカモの夫婦? 「笛を吹く少女」前。
幸か不幸か、ここは通称「ワンワン広場」。人が来なければ犬もこない。
静かに草を食みひと時の散歩を楽しむカモたち。

2012年5月10日 アチコチで桜満開の中島公園


札幌コンサートホール・キタラの裏を流れる鴨々川。お勧めの散歩道。


文学館に向う園路。ソメイヨシノ並木が満開。右は花散るエゾヤマザクラ。

2012年5月11日 日本庭園


カタクリ、福寿草、エゾエンゴサクは終わり、今は可憐な二輪草。


国指定重要文化財八窓庵は江戸時代の茶室。大正時代の三分庵も付設。

2012年5月13日 ヤエザクラ開花 花盛りの中島公園を散策


天文台下のヤエザクラが開花。 池の向こうは国指定重要文化財豊平館。


芝生の広場に咲いたユキヤナギ。彫刻は「母と子の像」山内壮夫の作品。

2012年5月14日 花盛りの中島公園を散策2


大好きな札幌コンサートホール・キタラの後姿。バルコニーもいい。


天文台下のヤエザクラが満開。 花見をするグループも。


児童会館、こぐま座のある9条広場。 去年整備された花壇は2年目。


札幌パークホテル前のヤエザクラ並木。 中島公園駅1番出入口。

2012年5月17日 ポロクル自転車で中島公園散歩


札幌コンサートホール・キタラの北側。自転車はポロクルで借りたもの。


中島公園ほぼ中央の芝生の広場。 山内壮夫の彫刻が4体ある。

2012年5月18日 晴天

2012年5月21日 日食観望会 早くも花見シーズン終わる


大部分が欠ける部分日食が札幌でも見えた。 
金環日食でないのは少し残念な気がしたが、約600名が中島公園内の札幌市天文台にやってきた。


白鶴橋近くのヤエザクラが満開となれば、そろそろ花見もおしまいか。
去年なら5月末まで咲いていた。 早咲き早散り今年の桜。

2012年5月26日 菖蒲池に珍客 お祭り準備開始 最期の桜


菖蒲池の中ほどに見たこと無い小さい水鳥が居る。 何十年も中島公園を見て来た人も「初めて見た」と言っていた。 
集団でクルクル同じ場所を回っている不思議な水鳥群。 ボートで近づき写真を撮る人もいる。 
「お願いですから、静かに見守ってください」と心の中で叫ぶ。


小さなデジカメで岸から撮るとこんなものだ。この鳥は何の鳥だろうか。 
ネットで調べて「中島パフェ」掲示板に書き込んでくれた方がいた。有り難い。
アカエリヒレアシシギと教えてくれた。 自分でも検索してみた。
参考情報はこちらをクリック! → ウィキペディア アカエリヒレアシシギ


自由広場では、既にお祭り準備が始まっている。
ここには、お化け屋敷、オートバイサーカス等の小屋が立つ。


今年の桜は散るのも早い。例年ならまだ咲いているが、今年は一生懸命探さないと、桜の花が見つからない。 
ここは護国神社社務所の近く。やっと見つけた満開中のヤエザクラ1本。 中島公園では最期の開花?

2012年5月30日 オシドリ夫婦?


最近中島公園菖蒲池にもオシドリがよく来るようになって楽しい。


中島公園の出来事・風物詩

5月のイベント、風物詩などを紹介。

2012年5月1日 桜開花  


札幌で桜開花宣言。


例年どおり中島公園庭球場オープン。


毎年恒例のメーデー大会開催。

2012年5月3日 さっぽろ園芸市 


さっぽろ園芸市入口の看板。


園芸市開催直前の会場。


3日朝6時、なぜここにボートが?


朝飯前のトレーニング?


毎朝6時30分からラジオ体操、真冬でも。

5月3日〜5日Kitaraあ・ら・かると


キタラ前にある看板の一部。


「札幌彫刻美術館友の会」も協力。


「笛を吹く少女」の説明。友の会会員。

2012年5月5日 桜満開


雨上がりの園路はソメイヨシノが満開。

2012年5月10日


文学館で「書物の美」展(4/20〜5/20)

2012年5月11日 天文台前の剪定


天文台前の木々は星を観る為に剪定。

2012年5月13日 ヤエザクラが満開 


札幌パークホテル沿い北側の道路。

2012年5月14日 鯉全滅から6年 


2006年全滅した鯉は徐々に増えている。

2012年5月17日 公園の作業


春は木々の手入れのシーズン。


キタラ周辺で剪定作業。


天文台下のヤエザクラが満開。


パークホテルのポロクル駐輪場。


ポロクルは有料の自転車共同利用事業。

2012年5月18日 春の日差し 


花咲く菖蒲池西岸ほぼ中央。


藤棚の影の中を歩く鴨(マガモ♂♀)

2012年5月21日 日食観望会


朝7時、中州橋を渡り天文台へ。


珍しく人でいっぱいの天文台。


青少年科学館職員が日食観察法を説明。


TVでは金環日食の実況放送。


望遠鏡持込。皆で観ればなお楽し。


沢山の報道陣。TVでお馴染みの顔も。


朝飯時の日食騒動。準備怠りなし。

2012年5月26日 アカエリヒレアシシギ


珍客飛来。アカエリヒレアシシギだそうだ。


拡大するとこんな感じ。20cmくらいかな?


「お前は俺の最期の桜」と歌いたくなった。


園芸市が終われば、直ちに御祭り準備。


ここは日本庭園。何をしているのかな?

2012年5月30日 桜散り水鳥登場


桜散る。 桜のシーズンは完全に終わり。


桜は散っても花びらを残す。日本庭園。


札幌まつり準備。お化け屋敷建設中。


オシドリ夫婦?も現れてくれた。


おや! 鴨の赤ちゃんも。これで勢ぞろい。


オレもいるぞと豊平館前の鯉。

極超短編小説 銀と小春


「私を忘れないで。シクシク」
「銀が泣いている」
「小春よ」
「もうすぐ夏だよ」
「三吉のバカ!」

解説モドキ?

こちらをクリック! ←笑えません。

posted by H.Ishikawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 5月の中島公園

2011年05月31日

2011年5月の中島公園

中島公園2011年5月                

titlemay.jpg
中島公園ほぼ中央の芝生広場に初めてチューリップが咲いた。 GWになると日本庭園、ボート乗場がオープン、中島公園は全開となる。 園芸市も終わり、「札幌まつり」の準備が始まった。 2011年5月28日更新

1頁:6月5日午前、鴨々川と彫刻清掃予定

 

110527hahatokonozo.jpg

←大切にされている「母と子の像」山内壮夫 作。
26日26日の二日間、この号更新に当りニュースはないかと、中島公園を歩いてみた。既に、6月中旬開催の「札幌まつり」の準備が始まっていた。 思い出すのは4年前の「悪戯事件」。この像は転がされ、目を花火で焼かれた。 事件をきっかけに野外彫刻を大切にしようと言う運動が広がり「中島公園モニュメント研究会」が立ち上げられた。会には多くのボランティアが参加し、野外彫刻の調査・清掃活動をしている。6月5日には鴨々川清掃運動の一環として、野外彫刻清掃も行う予定だ。9時30分〜11時、参加自由、9時受付開始。集合場所は、中島児童会館前広場。

110527jiyuhiroba.jpg110527azumaya.jpg

園芸市が終わると直ぐに、「札幌まつり」の準備。

立入禁止になった東屋。事件でもあったのかな?


 

2頁:5月は中島公園の衣替え

 

110512sakuranamiki.jpg

←最初に咲いた体育センター裏のエゾヤマザクラ。
中島公園にとって5月は、ただの春ではない。 公園の衣替えの月である。日本庭園、ボートハウス、テニスコート等、全ての施設がオープンする月だ。雪融けの後にクロッカスが咲き、ツツジ、レンギョウが咲き、そして桜開花のシーズンとなる。桜並木の陰に隠れているのは中島体育センター、園路の左側は園芸市が開かれた自由広場。中島公園の桜開花は、おおまかに言って、エゾヤマザクラ、ソメイヨシノ、シダレザクラの順。そして最後を飾るのが、ヤエザクラである。 ↓

110505boat.jpg110526tenmondai.jpg

菖蒲池端のレンギョウも咲いた。

最後に咲いたのが天文台前のヤエザクラ。


 

3頁:中島公園について思ったこと

 

110512fueofukushojo.jpg

←立て直された「笛を吹く少女」山内壮夫。
先月のことだが、「笛を吹く少女」が倒れていた。 倒れた原因は、公園を見つめているだけの私には、分からない。ただ、市民共有の文化財なのだから、大切に扱われることを願っている。中島公園駅を降りて数分歩けば、札幌コンサートホール・キタラだ。左に菖蒲池を見て、右に日本庭園、豊平館を眺めて歩けばキタラに着く。まだキタラに行ったことのない人には、散歩がてらの無料コンサートをお勧めしたい。中島公園の犬は、一般に躾がよいと思う。10年間、毎日のように中島公園を歩いて、そう思った。↓

110517tokitara.jpg110523dogs.jpg

札幌コンサートホール・キタラへの園路。

右側にポツンと白く見えるのが「笛を吹く少女」。


 

4頁:子どもたちが遊べる中島公園

 

110517ogawa.jpg

←札幌コンサートホール・キタラ近くの橋。
5月5日は「子どもの日」。 それにちなんで、中島公園で遊ぶ子どもたちの画像を並べてみた。これから温かくなると水辺が恋しくなる。中島公園内を流れる川は、浅いので水遊びができる。 白鶴橋の下流から、水量が増え、水深も深くなり危険な場所もある。そのような場所は柵があるので、決して、柵を越えて入ってはいけない。 注意しよう。中島児童会館は、日本で一番古い公立児童会館である。 隣が「こぐま座」で前は広場だから、子どもたちが遊ぶには便利だ。中島体育センター前は、緑のオープンスペース。

110523jidokaikan.jpg110526hiroba.jpg

児童たちの楽しみや活動の場所、中島児童会館。

昔は、ここに中島球場があった。


 

5頁:5月もいろいろあった

 

110501mayday.jpg

←5月1日は自由広場でメーデー集会
今年は雨のメーデーになった。 フクシマ原発事故は、いつになったら収拾のメドが立つのだろう?被災者救援と瓦礫の処理が急がれる。 原発事故処理手間取って、全てが遅れることが心配だ。些細なことで書くのも恐縮だが、ノボテル札幌の「中島パフェ」が終了してしまった。 残念なことだが2年間、春夏秋冬、8種のパフェを提供してくれて、感謝の気持ちでいっぱいだ。花や木々が私たちの暮らしに、どれほど潤いをあたえてくれるか計り知れないものがある。約3週間の「園芸市」も終了した。 次は「札幌まつり」だ。

110513pafe.jpg110505engeiiti2.jpg

5月15日でノボテル札幌の「中島パフェ」一旦終了。

5月22日で自由広場で開催の「園芸市」終了。


今月の一枚 私を見つめるカモ

  

不本意ながら、カモに睨まれてしまった。 真っ直ぐ見つめられるのは初めてだ。 どっちが見えてる?

110527kamo640.jpg

管 理 人 の つ ぶ や き 

 無料サービス突然終了 

「罠にかかってしまいました」
「何を言ってるんだ。無料サービスをいつ止めようと提供する側の勝手だよ」
「1ヶ月前の告知では対応できません。長い間、愛用していたのです」
「無料版は『お試し』だぞ。8年も只で使わせてもらったのだから感謝しな」

考えてみればホームページ(HP)関連の無料サービスはサンプルのようなものだ。 情報を継続して安定的に発信するのなら、無料にこだわるべきではなかった。

詳しい説明は省略するが、私の意図に反してURL(HPの住所)が変更されてしまった。 1ヶ月前のサービス停止の告知は、情報と知識を持っている人にとっては充分な時間かもしれない。

しかし、私はプロバイダーから来たメールを読んでも、どういう結果を及ぼすのか、まったく理解が出来なかった。 今でも分からない状態は続いている。 メールで質問して回答をもらっているが、依然としてよく分からない。

記憶もあやふやだが、後々のため状況を整理して記録を残して置きたいと思う。 去年11月1日突然、私が運営するHP「中島パフェ」が表示されなくなった。 プロバイダーの電話番号は分からないし、メールを出しても返事が来ない。 

1,2日くらいで表示はされたが、困ったことにURLが変わっていた。 しばらくして、「URLは変わったが、当面はリダイレクトされているので、リンクは大丈夫」とのメールが来た。

ここからは、全て私の推測(関連知識がないので、これから勉強するつもり)。 URLが変更された結果、Googleページランクが急落し、4か月たっても回復の気配もない。 ランク4(人気ページ)からゼロ(評価なし)に下がったままだ。

そして、検索の順位が大幅に下がった。 北海道の公園カテゴリ の人気順で3位だったが、今は23位ぐらいで低迷している。 その結果、アクセス数が減少した。

公園関連HPという不人気ジャンルでは、アクセスしてもらうだけでもエライ苦労だ。 しかし、情報発信を目的とするHPは、ある程度のアクセスがないと本来の目的を達することは出来ない。 

「中島パフェ」運営の目的は中島公園を良好な状態を維持して、次世代に引き継ぐこと。 その第一歩として、中島公園に親しんでもらおうと思っている。 そのような理由で、中島公園の魅力を紹介することから始めている。

8年は長いが、その一歩を踏み出したとたんに、躓いたようなものだ。 しかし、ガッカリしている訳ではない。 むしろ、チャンスと思っている。 負け惜しみではなく心からそう思っているのだ。

実は3年前から、HP「中島パフェ」の欠点は気が付いていた。 しかし、表面的には全てが順調に行っているので手が付けられないでいた。 下手にいじったら悪い方向に落ちていくのではないかと心配していたのだ。 

だが、ここまで落ちれば後は上がるしかない。 再生のチャンス到来と思い、俄然やる気がモリモリ湧いてきた。 5年ぶりに、気持ちがHPモードに切り替わったような気がする。

全ての活動を停止し、しばらくは、HP一本に絞ることにした。 知識も技術もない私だが、有り余る時間を持っている。 そして中島公園近所の住民というアドバンテージがある。

posted by H.Ishikawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 5月の中島公園

2010年05月31日

2010年5月の中島公園

中島公園2010年5月                

titlemay.jpg
中島公園の5月はメーデーで始まり、園芸市が開催される、今年の桜の開花は遅く5月9日。エゾヤマザクラ、ソメイヨシノ、シダレザクラと続き、末になってもヤエザクラが咲いている。 早くも「札幌祭り」準備開始。

1頁:野外彫刻や鴨々川をきれいに!

 

100530seisou3.jpg

←台座が修復された「木下成太郎先生像」

昨秋、札幌市は傷んでいた「木下成太郎先生像」の台座を補修した。「中島公園モニュメント研究会」では6月20日10時より、中島公園内の野外彫刻の清掃を行うことにしている。詳細については、後日ご案内の予定。5月30日は「クリーン鴨々川清掃運動」の日。 中島公園から豊水薄野までの清掃を行った。主催者挨拶の後、ラジオ体操を行い、その後5地区に別れて清掃を行った。中島公園から一番遠い所は、市民活動スペース「アウクル」前を流れる鴨々川である。 ↓

100530seisou4.jpg100530seisou2.jpg

5月30日、鴨々川清掃の前にラジオ体操。

中島公園から豊水すすきのまで清掃(南3西2)。


 

2頁:春深まる中島公園

 

100521churipu.jpg

←5月21日、幌平橋駅前広場のチューリップ。

札幌の春は短い、チューリップが咲けば、春の園芸市も終わり、「札幌まつり」の準備が始まる。地下鉄幌平橋駅前の春は、クロッカスで始まり、チューリップで終わる。 そして、直ぐに夏が来る。人生の春は結婚かも知れない。 国指定重要文化財の豊平館だが、結婚式もできる。 2年後の2012年から4年かけて全面改修する予定。 開館130年。鯉が現れるのも春の印。冬の間、池の底で眠っていた鯉も、池に張った氷が融けて、水温が上がってくると餌を求めて活動開始だ。 ↓

kekkonnsiki.jpgkoi.jpg

重文の豊平館だが、結婚式場にもなる。

冬の間、池の底で寝ていた鯉も春には目覚める。


 

3頁:花はパッと咲き、パフェも春

 

100509houheikan.jpg

←5月9日、中島公園のアチコチで花見。

中島公園の花見も、なかなかいいものだ。火気厳禁、煮炊きが一切出来ない。その為、肉の焼ける臭いなど、異様な臭気がない。煮炊きが出来ないと酒も進まないようだ。その結果、上品な花見となっているようだ。美味しい「中島パフェ」春バージョンが登場。さっそく食べに行った。5月も中旬となれば、花がいっぺんに咲く。 いよいよ花の中島公園の到来だ。桜が咲き、ツツジ、レンギョウが咲いた。 ↓

100512pafe3.jpg100514hanatati.jpg

ノボテル札幌カフェセゾンの中島パフェ春バージョン。

5月14日、北海道立文学館前の園路付近。


 

4頁:みどりの日、こどもの日の中島公園

 

100504nihonteien.jpg

←5月4日、日本庭園、池中の灯篭に乗る子等。

「こら!乗るんじゃないよ。こら(子等)」
 灯篭の頭が見える池の中

桜の開花に合わせたように遅れた、テニスコートのオープン。 北日本唯一のアンツーカーコート。かっては、デビスカップ戦を誘致する、大きな夢もあった。(『さっぽろ文庫84中島公園』より)札幌パークホテル11階「なだ万」より撮影。 対岸に札幌コンサートホール・キタラが見える。 ↓

100504teikyuujou.jpg100505shoubuike.jpg

5月4日、整備中のテニスコート。 9日オープン。

5月5日、パークホテル11階から観た菖蒲池。


 

5頁:メーデーと園芸市で始まる5月

 

100501demokousin.jpg

←5月1日メーデー、デモ行進で市街地へ

中島公園の春は、4月中旬のフリーマーケットで始まる。そして、5月1日は労働者の祭典メーデー。 大通会場と中島公園会場に別れて開催される。若い頃参加したことを覚えている。 今では近所の住民として見物している。自由広場で集会を開き、続いて市内をデモ行進する。 毎年繰り返される。メーデーが終わると、直ぐに園芸市の準備にかかる。5月3日から開催。初日には苗木プレゼントがあり、長い行列が出来た。 ↓

100503engeiiti2.jpg100503engeiiti6.jpg

5月3日自由広場で園芸市開始。5月23日まで。

先着750名、苗木プレゼントに並ぶ人々。

 

今月の一枚 淋しいボート乗場

 

5月5日のちょっと淋しい中島公園ボート乗場。 桜開花は遅く、ボート乗場の人たちも少し寒そうな感じだ。 

100509boat640.jpg

管 理 人 の つ ぶ や き 

 桜開花状況の纏め
2010年の桜の開花は遅く、各地で行事と開花がかみ合わない不具合があった。
sakura100504bungaku.jpg

5月4日
文学館前を通る園路。

今年の開花予想は5月9日と例年より10日くらい遅い。

早咲きの桜はないかと、歩き回りようやく見つけた。

sakura100505park.jpg
 次の日の5月5日
今度は中島公園全体をビルの上から、見渡すことにした。

地下鉄中島公園駅から、
札幌コンサートホール・キタラ
へ向う園路の途中に藤棚がある。

菖蒲池と日本庭園に挟まれた園路だ。
この辺りがポヤ〜っと薄紅くなっている。

明日は、あちこちで開花が見れるだろう。

sakura100506houheikan.jpg

5月6日
豊平館前は桜の撮影スポットだ。

エゾヤマザクラ、ソメイヨシノ、ヤエザクラが交代で咲く。

5月いっぱい、何らかの桜が観れる、花見スポットだ。

桜と豊平館のウルトラマリンブルーがあっている。

sakura100509taiikuura.jpg

5月9日
いよいよ、桜が開花と予想された日がやってきた。

開花宣言と同時に満開の感じだが、これは序の口。 これからが本番。 アチコチで満開の桜が観られる。

桜の後ろに茶色く見える建物は中島体育センター。
左側は自由広場。園芸市開催中(5月23日終了)。

sakura100514sidarezakura.jpg

5月14日
ズバリ、満開を撮りに行った。

桜の中では開花が、やや遅い日本庭園のシダレザクラも満開だ。

ここには石庭もある。 屋根の青い東屋は、今年新しく建てられた。

雨の日に休むのに便利だ。 ここから撮る雨の庭園も風情がある。

sakura100514parkhotel.jpg

 同じく5月14日

私が知る限り、ここが一番の桜並木。 北海道で1番ではない。 中島公園で1番である。

いちいち断らなくてもよさそうに思うが、「静内二十間道路桜並木の方が一番だ」とか、言われたこともあるので、念のための申し添えである。

正面は札幌パークホテル。

sakura100514sibabunovotel.jpg
5月14日は満開を記念して3枚掲載。

ここには昔、中島球場があった。 主として都市対抗野球。 ときどきプロ野球も来た。

プロ野球は円山球場、現在は福住の札幌ドームへ。

中島球場の移転先は麻生球場だ。

今は、緑のオープン・ペースとなっている。

sakura100521gokokujinja.jpg5月21日

桜の終わりはヤエザクラ。 今年は開花が遅かったので、5月いっぱい咲いている。 6月に入っても、いくらかは咲いているだろう。

ここは札幌護国神社。 ヤエザクラは、豊平館前、パークホテル、西側出入口より電停「中島公園通」までの並木道などに纏まって咲いている。

その他にもあちらこちらで観られる
タグ:チェック!
posted by H.Ishikawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 5月の中島公園

2009年05月31日

2009年5月の中島公園

中島公園2009年5月                

titlemay.jpg
中島公園の5月は菖蒲池にボートが浮かび、日本庭園が開園し、テニスコートもオープン。 中島公園が全開となり。 フリーマーケットが始まり、メーデー集会、園芸市と続く。 アオサギ、オシドリが飛来する季節。画像の左からマガモ雄、オシドリ雄、マガモ雌。

1頁:桜に代わってツツジが満開

 

may090521tutuji2.jpg

←菖蒲池西岸ほぼ中央のツツジ

エゾヤマザクラ、ソメイヨシノ、シダレサクラと順々に咲いてきた桜も、連休中に散り始めました。代わって咲き始めたのが、ヤエザクラです。 護国神社、天文台付近、中島公園通、パークホテルなどに纏まって咲いています。中旬から下旬にかけては、ツツジが目立ってきれいです。  園路の藤棚も咲き始め、もうじき見ごろ。5月は花の季節。 中島公園、どこに行っても花、また花です。

may090521houheikan.jpgmay090521kitara.jpg

豊平館のツツジ

札幌コンサートホール・キタラのツツジ


 

2頁:野生の花、美しい花、散る桜

 

may090514yukiyanagi.jpg

←札幌コンサートホール・キタラ南側

キタラの東側を流れる小川は菖蒲池へ流れ込みます。 やや南側の、レンギョウや雪ヤナギ等が、雑然と咲いている感じもいいですね。屋根の青いビルは札幌の老舗マンション。 「ドミナカ」と呼ばれる「ドミ中島公園」です。 花と一体になって、いい風景になっています。今年は桜の季節も駆け足で過ぎ去りました。 ここは護国神社の手水舎。 散った桜がきれいですね。

may090514renbyoututuji.jpgmay090521mizunomi.jpg

菖蒲池西岸ほぼ中央のレンギョウ、ツツジなど

札幌護国神社、手水舎(てみずや)に落ちた桜


 

3頁:中島公園点描

 

may090514osidori.jpg

←オシドリ雄、マガモ雌、潜るマガモ雄

5月は日本庭園が開き、ボート乗場も営業開始、1日は自由広場でメーデー集会。 3日からは園芸市開催。 テニスコートもオープン。 中島公園が全開となる月です。菖蒲池にはアオサギや、オシドリも来ています。幌平橋駅前は4月のクロッカスに代わり、5月はチューリップが楽しめます。5月の初旬は晴天が続き、やや水不足になりました。

may090511tulip.jpgmay090511engeiiti.jpg

地下鉄幌平橋駅前広場のチューリップ

自由広場の園芸市は5月3日より23日


 

4頁:駆け足で去った花見シーズン

 

may090511densha.jpg

←今年の八重桜の開花は早い、中島公園通5/11

グループで花見の計画を立てたのですが、皆が参加できる日が22日しかありません。「大丈夫です。22日でも八重桜は咲いています」と自信を持って言ったのですが、今年の満開は11日でした。 5月6日はノボテル札幌和乃八窓庵で「花見弁当」を食べました。 23階から写真を撮るとこんな感じです。5月2日にはエゾヤエザクラが早くも満開です。 散るのも早く。短い花見シーズンでした。

may090506ohanamiz.jpgmay090502taiiku.jpg

「ノボテル札幌」から観る中島公園5/6

早くもエゾヤマザクラ満開の体育センター裏、5/2


 

5頁:5月1日の中島公園

 

may090501sakurayuki.jpg

←残雪のある豊平館前、桜咲き始める

雪と桜の組み合わせが面白いと思いました。 ここには除雪した雪が積み上げられていました。自由広場で春一番のイベントは4月中旬のフリーマーケット。 続いて5月1日のメーデー集会。 その後が園芸市です。 毎年繰り返されます。桜が咲き、レンギョウが咲き、ボートが菖蒲池に浮かべば春ですね。 やや寒い5月の始めですが、今年は温かい日が続きました。

may090501sakurataiiku.jpgmay090501boats.jpg

メーデー集会準備中、自由広場東側の園路

ボートが浮かび、桜咲く、、菖蒲池西岸より


今月の一枚 こどもの日:芝生の広場

 

5月5日の中島公園は珍しく雲っていました、今年の大型連休(GW)は温かい日が続き、桜も咲いたと思ったら、すぐ満開となり、早くも連休中に散り始める状態でした。 画像は中島公園ほぼ中央の芝生の広場です。

090505sibafu640.jpg

 

管 理 人 の つ ぶ や き 

 中島公園を道遺産に 

中島公園の景観を残すことは、札幌の歴史を残すことと同じと思います。中島公園は明治時代の公園としては非常に珍しく、地元住民の意思で造園されました。

菖蒲池の向こうに望む藻岩山の景観は絶景です。札幌の父なる山、藻岩山あっての中島公園です。その藻岩山連峰が最近、高層ビルの建設で徐々に隠れ始めています。
moiwayama.jpg
 北海道遺産という制度がありますが、首尾よく中島公園が北海道遺産に選ばれれば、景観を守ろうと言う札幌市民の意識も高まり、地域住民の協力も期待しやすくなるでしょう。

中島公園に移築された国の重要文化財である、豊平館や八窓庵は、古き良き札幌の景観とともにあって、移築の正当性を主張できると考えます。 ビルの谷間に隠れてしまうのなら、元の場所にあったほうがいいでしょう。

中島公園の隣は薄野です。夜の街として知られていますが、もう一つの顔は寺町です。中島公園周辺から薄野にかけて寺や神社が数多くあります。 その他、札幌の古い部分が残されています。 札幌も900年すれば千年の古都であることを忘れてはなりません。

札幌駅前の発展が著しく感じる今日この頃ですが、気にかけることはありません。 幸い、薄野を含めた中島公園周辺には札幌の古い部分が残っています。 新しいものを作るより古いものを残すほうが重要です。少なくとも札幌南部については「歴史ある街」を目指すべきと思います。

中島公園の北海道遺産指定は、その第一歩です。藻岩山を含む中島公園の景観を残すことは、札幌の歴史を残すことと同じではないでしょうか。

(ブログ「楽しい食卓、朝の食卓・中島公園」より転載)

タグ:オシドリ
posted by H.Ishikawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 5月の中島公園

2008年05月31日

2008年5月の中島公園

中島公園2008年5月                

titlemay.jpg
中島公園の春は5月に来る。例年なら連休に花見だが、今年の桜開花は平年より2週間も早かった。エゾヤマザクラやソメイヨシノは散っていたが、八重桜は5月6日が満開だった。上の画像は護国神社社務所前。

1頁:5月6日今年の桜は早かった

 

080506churip.jpg

←地下鉄幌平橋駅前広場のチューリップ

5月6日、幌平橋駅前広場にチューリップが咲き始めた。 ここは4月中旬にクロッカスが咲いていた場所。

例年ならGW(ゴールデンウイーク)は桜の見ごろだが、すでにソメイヨシノなどは散っている。 

なんとか花見の雰囲気を出してくれたのが八重桜である。 頼りになるピンチヒッターだ。

園芸市は5月3日〜22日。9時〜17時までオープン(土日祝日は18時まで)。

桜もいくらか残っている。 詳しい情報は次のURLをクリック。5月6日の開花状況。

080506kitarahe.jpg080506engeiiti.jpg

行啓通よりキタラに向う園路、画像右側で園芸市

早朝の園芸市(開店前)


2頁:5月6日の「八重桜」開花状況

 

080506parkhotel.jpg

←札幌パークホテルの八重桜、北側(南9条)



今年の桜開花は平年より2週間も早く、エゾヤマザクラ、ソメイヨシノ、日本庭園の枝垂桜などは5月を待たずに咲ききってしまった。


詳しい開花の状況はその都度ブログに載せることにした。 新しく確かな情報の伝達を心がけている。


このページの画像は5月6日撮影。

tenmondai.jpg080506shamusho.jpg

豊平館前の池越しの八重桜、白いドームは天文台

札幌護国神社、社務所付近の八重桜


 

3頁:5月11日子供たちの遊ぶ中島公園

 

080511yuugihiroba.jpg

←「こぐま座」前の遊戯広場(ちびっ子広場)

連休は終わっても日曜日の中島公園は子供たちの歓声であふれている。

中島児童会館、こども人形劇場こぐま座、遊戯広場、鴨々川水遊び場などの施設がある。

その他にも中島体育センター、文学館、キタラ、天文台などでは子供たちを対象としたイベントがある。

しかし、子供たちは自由に遊ぶのが好きだ。 池、小川、小さな山、森、芝生の広場、自由広場などが子どもたちの絶好の遊び場に鳴っている。

都心にあって、交通便利なことが、なによいもの中島公園の特徴である。

080511kodomo.jpg080511kodomomidori.jpg

菖蒲池西岸で鴨と遊ぶ子ども達

日本庭園東側の池、藤棚のある園路付近


 

4頁:5月11日いよいよ春本番中島公園

 

080511nobiyuku.jpg

←野外彫刻「のびゆく子等」伊藤健寿 作

中島公園駅を降りて真っ直ぐ歩いてくると突き当たりに野外彫刻「のびゆく子等」がある。

ここから左に行くと文学館、右に道なりに行けば札幌コンサートホール・キタラに着く。

キタラに続く園路には途中に日本庭園(内部に国指定重要文化財、茶室「八窓庵」復元工事中)がある。

更に、豊平館、天文台と続く。 園路の左右は水と緑の囲まれている。

売店Midoriは昨年より、積極的な営業を展開。取り扱い商品も増えている。

080511midori.jpg080511hasimoiwa.jpg

売店「Midori」去年は塩ラーメン、今年はそば

日本庭園近くの橋、かすかに藻岩山


 

5頁:今年の春、花は早かった

 

080511ikekita.jpg

←菖蒲池北側より、かすかにピンクは桜の残り

クロッカス、レンギョウ、ツツジ、桜など春の花が、少しずつ減り、札幌の花ライラックが早くも満開。

いつもより早い花の開花は、イベントなどに影響を与えている。 11日に開かれた「帯広さくらまつり」の新聞写真を見ると桜の花がぜんぜん見えない。

「24日は大丈夫かな」と、スクールバンドを引率して、「さっぽろライラックまつり」に参加する先生が心配していた。生徒達は猛練習をしている祭りの華たち。

5月は園芸市、6月中旬は「札幌まつり」この二つが春から初夏にかけての中島公園イベントである。

080511rairakku.jpg080511rengyou.jpg

ライラック、大通公園ではライラック祭り5/21-25日

レンギョウもほとんど葉となる、菖蒲池西岸


今月の一枚 5月11日の枝垂桜

 

今年は日本庭園内の枝垂桜の開花は早く、連休の終わりころにはほとんど葉桜になってしまった。日本庭園の東側の池を越えた藤棚のある園路の脇に、小さな枝垂桜がある。こちらは開花中。11日撮影。


sidare640.jpg

管 理 人 の つ ぶ や き 

 新聞→HP→ブログ

 080511hato.jpg

どこの誰とは言わないが、経済観念がまったくない。 気前がよいわけでもない。 メンドウな事が嫌いで、ただ楽をしたいだけの若者である。

およそ6年前、荷物を全部置いて身体一つで家を出た。 ときどき帰ってくるので、家出ではない。誰に似たのか不精なのだ。

やたらに手間を惜しむ。「部屋は借りたいが引越し作業は嫌だ」。ただそれだけの話。身の回りの物だけを持って出て行ってしまった。 

いずれ荷物は取りにくると思っていたがいまだに置いたままである。1年たったとき、荷物は拾得物として処理することにした。 

整理したらいろいろ出てきた。大きい物ではエレキギター&アンプ、パソコン、プリンタ、カメラ、スキャナなど沢山。細かいものではクーポン券、切手、紙、封筒、その他文房具がいっぱい。 

切手はかなりあり、6年間使ってもまだ残っている。しかし、事務用品はどうしようかと悩んだ。 もったいないから何かに使えないかと考えたが、無職だから使う機会がない。

それで思いついたのが東京の親戚への「近況報告」。 単なる手紙ではない。パソコンの練習を兼ねて新聞のスタイルをまねてみた。

それが、いわゆる「情報発信」の始まりだった。 その後、ホームページを開設し、昨年末にはブログを公開した。「近況報告新聞」もホームページやブログも主な記事は全部中島公園をテーマにした。

ブログ中島公園deエッセイsay!より転載しました。 画像は5月11日の中島公園菖蒲池西岸。

posted by H.Ishikawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 5月の中島公園