2008年04月30日

2008年4月の中島公園

島公園2008年4月                

title4.jpg
中島公園の春は、今年が一番美しいと思う。 桜の開花が平年より14日早まったため、花がいっぺんに咲いてしまった感じだ。 しかも、浅緑の若葉も美しく輝いている。 日本庭園も23日に、早めの開園となった。

1頁:4月22日の中島公園

 

hahako3.jpg

←幌平橋駅への園路、建物は中島体育センター

今年の桜開花は平年より14日も早い4月21日。 22日の15時ごろ中島公園に行ってみると、半分くらいのエゾヤマザクラは満開だった。 

菖蒲池北岸、ボート乗場→文学館→自由広場へ続く園路はほとんど開花。 平年より2週間早い、観測史上最速の開花が実感で出来た。

豊平館前、芝生の広場、護国神社など至るところで開花。日本庭園も桜開花に合わせ、23日に開園。 24日にはシダレサクラも満開となる。

houheikan.jpgfuewofuku.jpg

国指定重要文化財、豊平館

中島公園ほぼ中央の芝生の広場


 

2頁:クロッカスの盛りは4月中旬まで

 

horohiraeki.jpg

←地下鉄幌平橋駅前広場

「花の命は短くて」とはクロッカスの為にあるように思う。 4月に入って咲いたなと思ったら、もうどこにもない。

幌平橋駅前は平年より疎らのように見えた。

キタラ前広場は、「相響」の前、その他、アチコチの木の周りにクロッカスが植えてある。 これから増えてくるのが楽しみだ。

市電電停「中島公園通」から中島公園へ行く道がある。

鴨々川を渡り右に行くと、大きな木の周りにクロッカスが花壇のように咲いている。 ここのクロッカスが一番よく咲いているように見える。

080415soukyou.jpg080415tilet.jpg

キタラ前広場、彫刻は安田侃の「相響」

公園橋を渡り、右側の花壇、建物はキタラ


 

3頁:春が来た中島公園

 

houheimoiwa.jpg

←豊平館より藻岩山を望む

豊平館2階より藻岩山が見えるが、だんだんビルの陰に隠れるようになった。

左に見えるのは札幌コンサートホール・キタラ、その手前は池。まだ、桜の花が咲いていない4月初旬。


春になり凍結した池が融けると鴨が帰ってくる。南の国からではない。ホンの近くの川からである。


天文台の前にオートバイが駐車していた。 滅多にないことだから写真に撮った。 一応、珍しいものとして。

shoubuike2.jpgaoutoby.jpg

早春の菖蒲池、泳いでいるのはマガモ

天文台前の広場、建物はホテル・ライフォート

 

4頁:いろいろな中島公園

 

azumaya.jpg

←倒壊した、日本庭園の東屋

3年前は重要文化財「八窓庵」が雪の重みで倒壊した。こんどは東屋が倒壊した。 推測でだが、雪の重みだろう。

建物が倒壊するときは、いきなりの場合もあると思うが、予兆が見えるときも多いと思う。 冬季間閉鎖のため、冬は見ることが出来ない。 いつも、いきなり倒壊の感じである。

冬の間、ボートの下で暖をとる猫がいるらしい。


カラスと人は一定の距離をとった方が、お互いの為にいいと思うが、エサをやって距離縮める人がいる。

boatnoriba.jpgkarasuman.jpg

春が来て池も融け、出番を待つボート

カラスにエサをやる人


 

5頁:中島公園の改修工事

 

mizuasobi2.jpg

←鴨々川水遊び場改良工事完成

幌平橋駅裏にある鴨々川水遊び場の改良工事が終了。水の中に入りやすくなった。


市電電停「中島公園通」より豊平館に近い出入口の橋がきれいに塗装された。 鴨々川に架かる「公園橋」である。


冬季間鴨々川導水管布設工事の改修工事が行われた。 水道の蛇口のようなものが取り付けれれたが何だろう?

kouenbasi.jpgkoujiwhat.jpg

「公園橋」も塗装終了

鴨々川導水管排水口改良工事終了


今月の一枚 キタラクラブの裏表紙へ

 

去年、「中島パフェ」に載せた写真が「キタラクラブVol.37」の裏表紙に採用された。 キタラクラブは音楽を愛する人々と札幌コンサートホールを結ぶメンバーズクラブ。 会誌「キタラクラブ」は非売品である。

kurokkasukitara.jpg

kitaraclub.jpg

管 理 人 の つ ぶ や き 

 公園でのマナー 

wanwan.jpg

ホームページの主催者を管理人と呼ぶ習慣があるので、管理人を名乗っています。

ただ、気分としては中島公園の管理人の気持ちも少しはあります。

この気分ですが、顔にも出ているようで公園の管理人さんと間違われたことがあります。

ある日、5,6人の女性のグループから「管理人さ〜ん。」と呼び止められました。 

猫がカモを襲っているので止めさせろと訴えるのです。

 「何かホームページに書く種はないか。」とキョロキョロしながら歩く姿が、監視に歩いている公園の管理人に見えたのかも知れません。


公園管理人になったつもりで園内をみると、マナーの悪い人も、ときどき見かけます。

鼻をかみながら、ティッシュを何枚も捨てながら歩く人、ベンチで寝る人、立ち小便する人、 薔薇を折る人、長い竿で銀杏を叩き落す人、パチンコで野鳥を撃つ人などです。

近頃、新聞などで、公共の場所でのマナーについて何かと、話題になっています。若者が非難の対象になっていることが多いのですが、私が公園の中で見たのは全て大人、残念なことに、私の同年輩が特に多いのです。

マナーが悪いと言っても、年配者の場合は生活臭がプンプンしているのですが、若者の場合はちょっと違います。すべて遊びですね。

例えば、夏、菖蒲池に飛び込む、冬、氷の張った菖蒲池を歩き回る、営業時間外のボートを無断で乗り回すなどです。

花火も多分若者でしょう。夜は公園に行ったことないのですが、家にいても音が聞こえます。翌朝ラジオ体操のために公園に行くと花火の残骸が散らばっています。

 
ブログ中島公園deエッセイsay!より転載しました。
posted by H.Ishikawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 4月の中島公園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106170152

この記事へのトラックバック