2002年06月30日

2002年6月の中島公園

Nakajima Park Perfect Guide
 

6月のメインイベントは札幌まつり。
中島公園が一番にぎわう日。
6月は花が咲き一番いい季節。

月刊中島公園

 中島公園2002年6月

 

写真は全て2002年6月に撮影。
2002年6月更新。

 

第1頁
 
 

中島公園西側の鴨々川沿い散歩道

 
中島公園西側の鴨々川沿い散歩道
川沿いに沢山のヤナギがあり独特の雰囲気がある。 札幌の柳街路樹の名所とも言える。

小さな河川敷には花が咲いている
鴨々川沿いを散歩していると、季節の花を見るのが楽しみだ。 狭い河川敷だが、近所の人が善意でうえたのか、季節の花が咲いている。

こんなに沢山鯉がいる
鯉が沢山いるのは、近所で面倒を見ている人がいるからだと聞いた。
小さな河川敷には花が咲いている 

第2頁
 
 
南14条橋から見た緑豊かな鴨々川 
南14条橋から見た緑豊かな鴨々川
ここは朝、ラジオ体操をしている場所。 多くの木々が訪れる人を癒してくれる。

鴨々川沿いで毎朝ラジオ体操
ラジオ体操は、雪の真冬でも、休むことなく続いている。

地下鉄幌平橋駅は緑に囲まれている
幌平橋の展望橋に上がると南に藻岩山、北に札幌市街地が見える。
そして西側には緑あふれる中島公園が。
地下鉄幌平橋の周りは緑でいっぱい。↓
鴨々川沿いで毎朝ラジオ体操 

第3頁
 
 
水と緑の中島公園 
木陰のベンチに座って涼をとる
菖蒲池の周りは緑で覆われている。
中島公園が水と緑の公園と言われているのは、この為だろう。

毎年、札幌まつりでは見世物小屋が建つ
フリマでお馴染みの自由広場だが、祭りのときはお化け屋敷などの見世物小屋が建つ。

彫刻「風景の夢」は自然の中にある
風景の夢は鏡のような彫刻。 それが複雑な形になっていて、様々な形に風景を映す。
毎年、札幌まつりでは見世物小屋が建つ 
2002年6月16日「札幌まつり」最終日の菖蒲池
毎年、6月14日から16日は中島公園が一番賑う日だ。 毎年同じような賑わいだが、こんもりとした木々に囲まれた菖蒲池を見ると、まさに水と緑の中島公園という感じだ。
posted by H.Ishikawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 6月の中島公園

2002年06月15日

2002年6月15・16日の中島公園

毎年、6月14〜16日は「札幌まつり」だが、私にとっては初めての様なものだ。と言うのは若いときに行ったような気がするが覚えていない。行ったとしても40年以上前である。

020615omaturi.jpg
中島公園は露店と見世物小屋で神事はない。混雑しているので露店も見世物小屋も殆ど撮らなかった。端々に露店が写っているが、写っているのは人ばかりだった。

020615houheibasi.jpg
露店が多く並んでいるのは地下鉄中島公園駅からボート乗り場、文学館、自由広場への園路。ここいらは人でいっぱいだ。一方、中島公園駅から札幌コンサートホール・キタラへ行く園路は露店は少ないので空いている。この画像は豊平館近くの橋からキタラ方面に向かう人々。自由広場の見世物を観に行くには便利だ。

020616boats.jpg
お祭りの日はボートに乗る人が多く、順番待ちの人も多い。

020616kawa.jpg
キタラ広場前を流れる鴨々川の分流。子供たちの水遊び場のようになっている。






posted by H.Ishikawa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ある日の中島公園